怒りの作品情報・感想・評価・動画配信

怒り2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「怒り」に投稿された感想・評価

演者のクオリティが低く感じた。
日本映画らしい、いい湿度であった。
展開にも謎というかチープさが見えてしまった。
記録用
なんとも言えない後味の作品
Yuhei

Yuheiの感想・評価

3.9
優しくしたら変な受け取り方する奴がいる一方、ほとんどの方は優しく受け取ってくれると信じてます。
あ、あと大切な人とはしっかり意思疎通しておいてください。
犯人怖いね、「怒」の意味はなんだろうねえ
ウ

ウの感想・評価

-
人を信じることの難しさ
YUJI

YUJIの感想・評価

3.5
原作を読んだ後だと少し物足りなさを感じます。が、役者さんの熱がすさまじい。
犯人の元の顔が、綾野剛さん、松山ケンイチさん、森山未來さん、どの方にも見える顔立ちで、顔って不思議だと思いました。

普段接している人のことでも、顔の情報が不確かになったことによって、築いてきた関係などが崩れていく様子は、外見や目に見えるものの情報に依存しているんだなと感じました。
関係は目に見えないものだけど、目に見えるものに依存して成り立っている。
N8K8

N8K8の感想・評価

3.3
暗い!
よしだ

よしだの感想・評価

3.6
素性がわからないと信用できないよなー、でも何も知らないからこそ人当たりが良かったりするだけで簡単に信用しちゃうこともあるよなー。
信じられなかったり、簡単に信じてしまった自分に対する怒りと信じて裏切られた相手への怒りと「怒り」っていう一つの感情を色々な描かれ方をしてていいよね。
>|