シン・ゴジラの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

ici

iciの感想・評価

3.4
難しい用語の羅列と早口で畳み掛ける台詞……情報量が置いすぎてついていけなかったけど、凝血させられればこっちの勝ちってことよね?笑

豪華俳優陣だらけで見てて楽しいし、ゴジラがかっこよい(第4進化系)!!でもゴジラは核燃料とか食べるんじゃなくて、肉食って欲しいな…
NaKaGe

NaKaGeの感想・評価

4.0
学校での課題も含めると計4回も観ました。
何度見てもヘリがやられるシーンが大好きです(決して倫理的にいいシーンかどうかという話ではないです)
それから日本語英語✨これはこれで良きです。クセになる。
容赦なく使われる電車たち。

ゴジラ映画、というよりは政治家ってどう動くの?お仕事追体験映画‼︎な感じも…
そもそもゴジラは政治的背景を孕んでいるのは周知の事実ですが、時期も相まって最高の風刺映画だな、と思いました。
あ

あの感想・評価

-
予想外のことが起こった日本の対応ってこんな感じなんだろうな。
iggy

iggyの感想・評価

4.2
テンポよかった。音楽もよかった。
無人運転在来線爆弾が好き。
日本の縦社会、組織もいいじゃない!って思える作品。

特殊能力がなくても世界を守れるんだとリアルな大人の格好良さを感じる。
Kaeru

Kaeruの感想・評価

4.5
子供のころ『ゴジラ対キングギドラ』を劇場で観たことがあり、玩具も持っていた身としては公開前からワクワクしていた。

蓋を開けてみれば庵野色満載の現代劇。
ぐいぐい引き込まれる展開に、邦画も捨てたもんじゃないと感じた。まだこんなに斬新な映画を撮る監督がいる! 海外のゴジラファン、映画ファンにも少なくない衝撃を与えたと思う。

海外の一部では、スーツを着た男たちが延々と会議ばかりしていると批判されていたが、個人的にはむしろ好きな部類の作品だ。
わかりやすく言えば、いまの日本で有事が起きたとき、どのように日本政府が動くかというシミュレーションだ。
過去のゴジラ映画どころか邦画にもない、まったく新しい切り口だ。

これを怪獣映画、ゴジラ作品かどうかでマニアは議論しそうだが、庵野版ゴジラのデザインも最高に気に入っている。子供が憧れる姿ではなく、恐怖を覚えるデザイン。圧倒的で、どこか神々しさもある。かつてないほど東京を破壊尽くした。

端役含め俳優たちの演技も素晴らしかった。内容が難しいので、お父さんたちは事細かく子供に教えてあげてほしい。戦争を知らない我々にとって、こういう映画体験は必要だと思う。
ゴジラシリーズ初見。怪獣映画は怪獣の方に肩入れしてあまり見てられないのだが、最初に登場したゴジラがものすごくリアルで気持ち悪く、日本のCGも捨てたもんじゃないなと思った。ただ、せっかく良いCGなのだからもっとゴジラを映してほしいというのはある。あと日本政府へのアンチテーゼが表現されてた…。
ただこれが初見なため、元のゴジラシリーズがどんな風に描かれているのか気になった。一番最初のゴジラも観てみたい。

…石原さとみ、あの台本渡されてよく演じきったなと思う。完全にルー大柴。英語と日本語の使い分けるシーンがごちゃごちゃでなんの法則性もなく、笑ってしまった。真面目なシーンでギャグを唐突に放り込むのやめてw
ほ

ほの感想・評価

3.2

"Gozira??"

"No! No! It’s a Goddddddzzzilla!!"



I felt Satomi Ishihara isn’t not good at English and she should go English conversation school like AEON, but l like her.
>|