抹茶マラカス

抹茶マラカスの感想・レビュー

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます。

徹底した対巨大不明生物の政府対応を描いている。会議シーンがかなり多いが、それが日本なのだ。寧ろBGMも相まって会議シーンはもっと見たい笑
序盤の怪物はゴジラじゃないと安心させておいて、二足歩行になった瞬間の驚きと絶望感がたまらない。電車が無人爆弾になってるのは庵野さんらしい笑。
ゴジラが倒したマンションの一室に家族がいたりしたのに、倒してる巨災対のメンバーの家族や恋人などの死などで泣かせには来ない。徹底したことが奏功した。
ニッポン対ゴジラ=現実対虚構。ニッポンは現実なのだ。
何がゴジラをゴジラたらしめるのか、という論争に対して一つ上の次元で解答をだした作品になった。
即ち、巨大不明生物の持つ恐ろしさこそがゴジラなのだ。ゴジラがゴジラだから、ゴジラなのだ。
えーと、つまり五億点満点です。