おーそんりー

シン・ゴジラのおーそんりーのレビュー・感想・評価

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)
3.6
怪獣映画を群像劇として描く発想は今までありそうになかったという事なのでしょうか。決してゴジラが主役の映画ではなかったですね。かと言って長谷川博己や竹野内豊が主役なわけでもないですね。主役は未知の生命体に襲われた日本です。この国がどう対処しどう戦い抜くのか。これが描かれているわけですね。怪獣以上に人間や社会を浅く広く描いているというのが今作の面白みではないでしょうか。

初代のゴジラは放射能物質により怪獣を生み出した人類の自業自得ドラマを描いていました。醜い怪獣が都市を破壊する姿は人類のおそろかさの象徴だったわけです。今作でも共通項としてベースにあるのでしょうが、脅威に立ち向かう人類の弱さと強さを描き切っている印象ですね。

登場人物が異様に多いが故に説明要素も多いため、画面に登場する文字がやたらと多いのが面白かったですね。映画を読むという行為をまさか怪獣映画で要求されることになるとは予想だにしませんでした。怪獣映画がいわゆる「特撮もの」「SFもの」といったジャンルを飛び越える強力なフックになり、それまでの怪獣映画の定義をぶち壊した歴史的瞬間になったわけですね。

石原さとみの存在だけさすがに理解に苦しみましたが・・・子供向け映画シリーズになりつつあったゴジラを社会派エンターテインメントとして生まれ変わることに大成功しているのはたしかです。

未見の方は是非ご鑑賞くださいませ。