シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

4.0

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

徹底した対巨大不明生物の政府対応を描いている。会議シーンがかなり多いが、それが日本なのだ。寧ろBGMも相まって会議シーンはもっと見たい笑
序盤の怪物はゴジラじゃないと安心させておいて、二足歩行になった瞬間の驚きと絶望感がたまらない。電車が無人爆弾になってるのは庵野さんらしい笑。
ゴジラが倒したマンションの一室に家族がいたりしたのに、倒してる巨災対のメンバーの家族や恋人などの死などで泣かせには来ない。徹底したことが奏功した。
ニッポン対ゴジラ=現実対虚構。ニッポンは現実なのだ。
何がゴジラをゴジラたらしめるのか、という論争に対して一つ上の次元で解答をだした作品になった。
即ち、巨大不明生物の持つ恐ろしさこそがゴジラなのだ。ゴジラがゴジラだから、ゴジラなのだ。
えーと、つまり五億点満点です。
yu

yuの感想・評価

3.9
ゴジラの気持ち悪さ◎
政府の決断の遅さ、他国からの重圧、迫りくるゴジラ、石原さとみの英語…
uraco

uracoの感想・評価

4.4
これこれこれこれ!
ユカ

ユカの感想・評価

-
大杉漣さんかっこよかったなあ。
う侍

う侍の感想・評価

4.0
頭の回転が早い映画なので見たあと脳みそが疲れてねむみがきます。

見どころは
トゥレードしてウィンウィン無双。
ガッジーラを見るのではなく働く人間を見る映画。
Maricopin

Maricopinの感想・評価

2.6
そんなに好きじゃなかった
石原さとみ「ガッジーラ」


うーん、いい発音👶🏻
moe

moeの感想・評価

4.0
聞き取りが下手&たくさんの部署や国の関係性に理解が追いつかない…ちゃんと理解したくて何度か観たくなる。エヴァとかの要素なのか、日本らしさが魅力だし、ゴジラ原作を称えながら、進化させていくのがすごい。
長谷川さんの早口喋り最高です
ゴジラの口が開いていなかったら、どこから血液凝固剤を入れるつもりだったのだろう。第一形態は、ゴジラではなく、別の怪獣かと思った。石原ひとみの役が浮いていた。
>|