シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

徹底した対巨大不明生物の政府対応を描いている。会議シーンがかなり多いが、それが日本なのだ。寧ろBGMも相まって会議シーンはもっと見たい笑
序盤の怪物はゴジラじゃないと安心させておいて、二足歩行になった瞬間の驚きと絶望感がたまらない。電車が無人爆弾になってるのは庵野さんらしい笑。
ゴジラが倒したマンションの一室に家族がいたりしたのに、倒してる巨災対のメンバーの家族や恋人などの死などで泣かせには来ない。徹底したことが奏功した。
ニッポン対ゴジラ=現実対虚構。ニッポンは現実なのだ。
何がゴジラをゴジラたらしめるのか、という論争に対して一つ上の次元で解答をだした作品になった。
即ち、巨大不明生物の持つ恐ろしさこそがゴジラなのだ。ゴジラがゴジラだから、ゴジラなのだ。
えーと、つまり五億点満点です。
初代ゴジラを現代に復活させた最高の作品であると思う。初代へのリスペクトとともに適度な風刺を交えながら描いている。

Amazonで配信されてから毎週一回はみるぐらい好きな作品。

言うことなし。素晴らしすぎる。
murai

muraiの感想・評価

5.0
新たなゴジラ映画を創った、キャストとスタッフに敬意を送りたい。
これが日本アカデミー賞ですか

このレビューはネタバレを含みます

武蔵小杉がぶっ壊される割りにゴジラ倒せなかった
総理があっさり死んでしまった、、、
piko

pikoの感想・評価

1.5
テキパキ災害対応する人達を見ただけな気がして映画としてどうなんだろう?ゴジラのルックは確かにカッコイイし、あまりの強さに絶望したけども。意思決定の早さ含めて現実ではこのように上手くいかないよなと日本の政治だけでなく組織体質を鑑みるとリアリティが全くなくて我々の現実と結びつく要素があまりに少ない。こうあって欲しいという願いであれば見方は変わるけども。
ゴジラを使徒に見立て、日本政府をネルフに見立て、アメリカ政府=委員会に翻弄されながらもなんとか迎撃する実写版エヴァといった作品。
ゴジラ作品の概念を変えた意味でも印象深かった。
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
ふむ
✍︎2018.08.19 Sat 🇯🇵
評判通り良かった。
エヴァも未見で庵野さん作品はこれが初めてでしたが、ゴジラの恐ろしさとか、危機迫る感が圧倒的。
こんなに登場人物について説明が描かれないのも珍しく新鮮でした。
>|