シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    庵野秀明
    樋口真嗣
    脚本
    庵野秀明
    キャスト
    長谷川博己
    竹野内豊
    石原さとみ
    松尾諭
    高良健吾
    大杉漣
    市川実日子
    余貴美子
    國村隼
    ピエール瀧
    斎藤工(齊藤工)
    古田新太
    前田敦子
    三浦貴大
    塚本晋也
    松尾スズキ
    逢笠恵祐
    赤山健太
    ANI
    安住啓太郎
    粟根まこと
    飯野泰功
    石垣佑磨
    石原善暢
    石本径代
    伊藤慎介
    伊藤明賢
    伊藤裕一
    伊藤祐輝
    稲葉義典
    犬童一心
    猪又太一
    岩井堂聖子
    イワゴウサトシ
    岩崎一洋
    岩橋道子
    岩本淳
    植木祥平
    梅中悠介
    柄本明
    遠藤かおる
    大内厚雄
    大賀太郎
    大迫一平
    大嶋聖ら
    大塚ヒロタ
    大槻修治
    大根田良樹
    大林丈史
    緒方明
    小川紘司
    小川眞由美
    小倉星羅
    小野孝弘
    小野塚老
    小山田将
    皆藤慎太郎
    片桐はいり
    加藤厚成
    加藤貴宏
    金井良信
    金田誠一郎
    金田なお
    神尾佑
    蒲生純一
    川井つと
    川口丈文
    川崎誠一郎
    川嶋秀明
    川瀬絵梨
    川瀬陽太
    河野達郎
    菅野久夫
    菊池康弘
    岸田研二
    岸端正浩
    木田毅祐
    北山雅康
    城野マサト
    キンタカオ
    國本鍾建
    隈部洋平
    倉敷保雄
    倉田大輔
    KREVA
    小出恵介
    黒田大輔
    河野洋一郎
    小久保寿人
    児玉頼信
    小林健一
    小林隆
    コビヤマ洋一
    駒木崇宏
    小松利昌
    近童弐吉
    斎藤嘉樹
    酒井康行
    佐藤一平
    佐藤貢三
    佐藤俊介
    佐藤裕
    志賀龍美
    信太昌之
    柴崎佳佑
    嶋田久作
    島津健太郎
    白畑真逸
    杉山ひこひこ
    須田瑛斗
    諏訪太郎
    関谷亜矢子
    妹尾青洸
    高橋一生
    高橋一夫
    竹森千人
    谷口翔太
    津田寛治
    土屋良太
    鶴見辰吾
    手塚とおる
    鳥山昌克
    中田裕一
    中野英樹
    中村育二
    中村譲
    南原健朗
    西岡秀記
    野口雅弘
    野田博史
    野仲イサオ
    野間口徹
    橋本じゅん
    あらすじ
    現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

    「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    最近4点ばかりつけてる気がする…。
    ゴジラに関して詳しくなく、庵野作品もエヴァのテレビシリーズくらいしか見たことない自分でも楽しめました。

    庵野版ゴジラVS日本。エヴァっぽさも感じられた。
    はみ出し者の集まりのゴジラ対策チーム=「巨災対」のチーム感が好きだった。迫るタイムリミットの中、対ゴジラ作戦を試行錯誤しながら作り上げていく過程にワクワクさせられた。

    正直災害シーンはあからさまにCGぽさが出てしまってるところもあったけど、ゴジラの迫力、禍々しさは興奮ものだった。

    「巨災対」を中心に普段表に出ない人々の活躍が熱く描かれていて、日本人をまた信じてみたくなった。

    あと、シン・ゴジラは緊急事態条項のプロパガンダだ、みたいな話も事前に聞いていたのですが、そういう映画ではないと思いました。
    力でなく、人間の知恵と理性で危機を乗り越えていく話。


    ちなみに、英会話のAEON仕込みの英語が冴えるパタースンこと、石原さとみのうさんくさ可愛い感じも好きでした!

    前田敦子はあとから気づいたけど、KREVAは未だにどこに出てたかわからない…。
    ただ面白いフィクション映画なだけじゃなく、日本人の災害への危機感を呼び覚ますような映画だと思った
    実際に津波や原発事故が身近で起きた時、どうするべきだろうと考えさせられました
    終始感じられる絶望感を楽しむ映画。
    ゴジラだかゴジラじゃないけど面白い!
    #2016-56 IMAX2D
    ほとんどゴジラは見たことがなかったが、期待以上の面白さに加え、追求されたリアリティ。まさに現実vs虚構で、ここまでの映画を今の東宝が作ってしまうことが少し嬉しかった。

    とにかくかっこいい怪獣大戦争マーチ、今時珍しい3.1chサウンドや昔の東宝スコープロゴ、ゴジラの形態、有事の際の連絡系統、何度もテイクを重ねたであろうマシンガンのセリフの数々、ちょい役で出てくる大物俳優たち。
    圧倒的な作り手の熱量に、見終わった後の興奮は未だに忘れられない。
    いや〜〜絶賛される意味がわかった

    好みかどうかじゃなくて作品として素晴らしいと思った

    実際にゴジラが出たら、予測不能の事態が起きたら日本政府がどう動くのか、そして、世界との関係がどうなっているのか…
    総理大臣、内閣、上司と部下、有識者、自衛隊、国民、もちろんアメリカや米軍基地などなどの関係
    それらの情報、判断、責任などなど…
    法律に詳しいわけでもなければ政治経済が専門でもないわたしだけど、リアリティがあって、スピード感があるのに置いていかれる感じは全くなく、知っている地名や近所の基地などが出てきたり、電車など、自分たちの生活に馴染みのあるものが出てくるからこそのめりこめたし、すごい…って思わず口から出た

    これは話題になる意味がわかったし劇場でみたかった…
    昨年の話題作。映画館で観ることが出来なかったので、改めてDVDを借りて鑑賞。展開のスピード感があり、どんどんと場面が展開していくなという印象を受けました。対して、内容における決断は遅い。もはや、日本らしさだと思います。緊急事態には成す術の無くなるようでは、まずいと思います。
    最初のゴジラが現れたことに対する政府や国民の反応がリアルで、マニュアルにない出来事に困惑する様子が実際に起きたら有り得そうだなと思った。ゴジラが兎に角無敵の存在で、戦後初の国内での戦闘行為による爆撃をもろともしない様子への絶望感。最後まで諦めない矢口たちがかっこよかった(^-^)続きが気になります。
    有名な役者さんがチョロっと出てくるのでえ?!ってなる
    >|