シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    庵野秀明
    樋口真嗣
    脚本
    庵野秀明
    キャスト
    長谷川博己
    竹野内豊
    石原さとみ
    松尾諭
    高良健吾
    大杉漣
    市川実日子
    余貴美子
    國村隼
    ピエール瀧
    斎藤工(齊藤工)
    古田新太
    前田敦子
    三浦貴大
    塚本晋也
    松尾スズキ
    逢笠恵祐
    赤山健太
    ANI
    安住啓太郎
    粟根まこと
    飯野泰功
    石垣佑磨
    石原善暢
    石本径代
    伊藤慎介
    伊藤明賢
    伊藤裕一
    伊藤祐輝
    稲葉義典
    犬童一心
    猪又太一
    岩井堂聖子
    イワゴウサトシ
    岩崎一洋
    岩橋道子
    岩本淳
    植木祥平
    梅中悠介
    柄本明
    遠藤かおる
    大内厚雄
    大賀太郎
    大迫一平
    大嶋聖ら
    大塚ヒロタ
    大槻修治
    大根田良樹
    大林丈史
    緒方明
    小川紘司
    小川眞由美
    小倉星羅
    小野孝弘
    小野塚老
    小山田将
    皆藤慎太郎
    片桐はいり
    加藤厚成
    加藤貴宏
    金井良信
    金田誠一郎
    金田なお
    神尾佑
    蒲生純一
    川井つと
    川口丈文
    川崎誠一郎
    川嶋秀明
    川瀬絵梨
    川瀬陽太
    河野達郎
    菅野久夫
    菊池康弘
    岸田研二
    岸端正浩
    木田毅祐
    北山雅康
    城野マサト
    キンタカオ
    國本鍾建
    隈部洋平
    倉敷保雄
    倉田大輔
    KREVA
    小出恵介
    黒田大輔
    河野洋一郎
    小久保寿人
    児玉頼信
    小林健一
    小林隆
    コビヤマ洋一
    駒木崇宏
    小松利昌
    近童弐吉
    斎藤嘉樹
    酒井康行
    佐藤一平
    佐藤貢三
    佐藤俊介
    佐藤裕
    志賀龍美
    信太昌之
    柴崎佳佑
    嶋田久作
    島津健太郎
    白畑真逸
    杉山ひこひこ
    須田瑛斗
    諏訪太郎
    関谷亜矢子
    妹尾青洸
    高橋一生
    高橋一夫
    竹森千人
    谷口翔太
    津田寛治
    土屋良太
    鶴見辰吾
    手塚とおる
    鳥山昌克
    中田裕一
    中野英樹
    中村育二
    中村譲
    南原健朗
    西岡秀記
    野口雅弘
    野田博史
    野仲イサオ
    野間口徹
    橋本じゅん
    あらすじ
    現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

    「シン・ゴジラ」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/07/31
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    最近4点ばかりつけてる気がする…。
    ゴジラに関して詳しくなく、庵野作品もエヴァのテレビシリーズくらいしか見たことない自分でも楽しめました。

    庵野版ゴジラVS日本。エヴァっぽさも感じられた。
    はみ出し者の集まりのゴジラ対策チーム=「巨災対」のチーム感が好きだった。迫るタイムリミットの中、対ゴジラ作戦を試行錯誤しながら作り上げていく過程にワクワクさせられた。

    正直災害シーンはあからさまにCGぽさが出てしまってるところもあったけど、ゴジラの迫力、禍々しさは興奮ものだった。

    「巨災対」を中心に普段表に出ない人々の活躍が熱く描かれていて、日本人をまた信じてみたくなった。

    あと、シン・ゴジラは緊急事態条項のプロパガンダだ、みたいな話も事前に聞いていたのですが、そういう映画ではないと思いました。
    力でなく、人間の知恵と理性で危機を乗り越えていく話。


    ちなみに、英会話のAEON仕込みの英語が冴えるパタースンこと、石原さとみのうさんくさ可愛い感じも好きでした!

    前田敦子はあとから気づいたけど、KREVAは未だにどこに出てたかわからない…。
    おいなり
    おいなりの感想・レビュー
    4時間
    5.0
    2016年に観た映画の中で一番面白かった。
    ゴジラ作品初鑑賞でも、十二分に楽しめた。
    ゴジラという化け物に、今あるもので戦う青年たちの試行錯誤に胸を打たれた。
    NoriyukiKodama
    NoriyukiKodamaの感想・レビュー
    6時間
    4.5
    日本人であるということがこの作品を見る上での絶対条件になるくらい、3.11で受けた傷とショックがベースにあり、この映画はそれに対する庵野さんなりの「答え」のように感じた

    独特のカメラワークとワンカットの短さ、抑揚のない話し方とセリフ量の多さ。そのどれもが意図と意味を感じる

    普通に何も考えずに観ていくとなんて事のない映画だと思うし、この映画の意味を考えながらメタ的なメッセージを読み解きができるなら名作級に衝撃を受けると思う

    最後のシーンがこの映画を忘れられないものにしてくれた
    イザワ
    イザワの感想・レビュー
    8時間
    3.9
    皆同じ感想言ってる映画って逆に珍しい
    5月
    5月の感想・レビュー
    9時間
    4.1
    2016年8月 映画館
    小坂淳史
    小坂淳史の感想・レビュー
    14時間
    4.2
    良い意味で裏切られた!
    ゴジラという災害に日本は負けない!!
    mk
    mkの感想・レビュー
    16時間
    3.6
    ゴジラは好きでこれまでも54年のゴジラ
    やキングコング、怪獣島、平成シリーズミレニアムシリーズを観てきたのにシンゴジラは劇場ではなくDVDでの鑑賞になってしまった。
    良い意味でも悪い意味でもゴジラぽくなかった。が感想です。
    やはりゴジラは、水爆で生まれてオキシジェンデストロヤーで死ぬのがいいのかなと思ってしまった。
    シンゴジラでは、現代の日本または世界がゴジラという未知の生物に遭遇した場合どうなるかをテーマに作製されていて、これまでのゴジラシリーズと違って、各機関からのアプローチがあり平成シリーズで中尾彬の一存ではなく検討しあうというところが見所であるのかなと思った。とてもリアルに描かれていて、だからこそありえないだろって所が気になって仕方がない(ヤシオリ作戦の電車の辺りとか)
    主人公である長谷川さんにフォーカスが当たりすぎていてもっとゴジラという存在を強調して欲しかった。それと石原さとみの英語混じりの話し方が、この作品には合ってないんじゃないかなって思ってしまってしょうがない。
    本当にエヴァっぽさがあって途中音楽がながれたい。緊張感とか疾走感が伝わってハラハラさすが監督。(上からですみません)
    ゴジラについては顔が可愛くない。ゴジラって恐怖だけど、よーく顔を見ると意外と可愛くて僕はミレニアムのゴジラの顔が好きです。それに背中や尻尾から光線を出すあたりや形態があるってのはゴジラシリーズとしては斬新だけど形態に関しては、登場から成体でいて欲しかったかなって思いました。
    それと出演者が豪華すぎる。ゴジラシリーズってそんなに有名じゃない人が主人公として活躍するのがいいんじゃないの?今回の作品は、どの機関にも有名な人がいて少し冷めてしまった。もちろんのちに有名になる人はいるけど現状そうでもないくらいがいいかなって個人的には。
    ともあれ面白いです。これまでの54年の続編というわけではなく、初めて遭遇ということで話が進んで行くのでこれまでゴジラを観て来なかった人でも楽しめるのかなって思います。
    ゴジラを観るにあたってなぜゴジラは街を襲うの?とかなんのために破壊するのか?とか考えず観てもらえると楽しめるのではないかなと思います。
    やはりゴジラは破壊神。どんどん壊してジュラシックパークのティラノザウルスのようにやっぱりゴジラが最強だねと言わせてください。
    まとまってない文章だと思いますが、最後まで読んでいただき有難うございます。
    意見等ありましたら是非聞かせてください。
    >|