シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最近4点ばかりつけてる気がする…。
ゴジラに関して詳しくなく、庵野作品もエヴァのテレビシリーズくらいしか見たことない自分でも楽しめました。

庵野版ゴジラVS日本。エヴァっぽさも感じられた。
はみ出し者の集まりのゴジラ対策チーム=「巨災対」のチーム感が好きだった。迫るタイムリミットの中、対ゴジラ作戦を試行錯誤しながら作り上げていく過程にワクワクさせられた。

正直災害シーンはあからさまにCGぽさが出てしまってるところもあったけど、ゴジラの迫力、禍々しさは興奮ものだった。

「巨災対」を中心に普段表に出ない人々の活躍が熱く描かれていて、日本人をまた信じてみたくなった。

あと、シン・ゴジラは緊急事態条項のプロパガンダだ、みたいな話も事前に聞いていたのですが、そういう映画ではないと思いました。
力でなく、人間の知恵と理性で危機を乗り越えていく話。


ちなみに、英会話のAEON仕込みの英語が冴えるパタースンこと、石原さとみのうさんくさ可愛い感じも好きでした!

前田敦子はあとから気づいたけど、KREVAは未だにどこに出てたかわからない…。
石原さとみは、ミサトさんをイメージさせたのか?
ふふみ

ふふみの感想・評価

3.5
なかなか良かったです。
この映画のDVD初回限定版を買った。
つまりそういうことだ。
めちゃくちゃ面白い。
怪獣が好きな人でなくても、戦争映画が好きな人でも楽しめる映画だ。

この映画に「蒲田くん」という単語は一切出てこないのだが、公開後、かわいいゴジラを「蒲田くん」と呼称する人が続出した。
その理由が気になる人はぜひこの映画で真相を確認して欲しい。

歴史的な展開もこの映画の魅力のひとつだ。この映画の嘘はゴジラだけだ。ゴジラ以外は逆にこれでもかというほどにリアルを追求している。
故に、日本の歴史的な観点も映画に盛り込まれることになるのだが、そこに全く違和感がない。
むしろ感情移入し、静かに拳を握りしめている自分がいるほどだ。

この映画の監督はエヴァンゲリオンの庵野監督なのだが、より楽しみたいのであれば、同じ庵野監督が監督をした
新世紀エヴァンゲリオン 序
を見ておくことをおすすめする。

これだけ褒めたのだからこの映画中、ゴジラではなく高橋一生ばかり見ていたことを怒らないでほしい。

深すぎて何のことかわからないラストもみどころだ。
いまさら観た
すごかった
というのはもちろんあるんだけど、観ているあいだはもうやめて……おねがい許して……しか思えなくてぐったりした
観終わってから改めて「現実 対 虚構」というキャッチ・コピーを見るとめちゃくちゃ興奮した
shi0ri

shi0riの感想・評価

4.5
なんだかすごい映画(頭悪そうな感想)
いろんな考察があるみたいだけど
終末論的な、
世界を創り直すつもりなのかなと解釈。
人類補完計画!
越冬

越冬の感想・評価

-
すごくすごく面白かった。映画館で見るとおもしろさが倍増する気がする。例によって1人で見たけれど、怖くなってきてから手を繋ぐ人が居なくって辛かった。面白かった。
nicole

nicoleの感想・評価

3.7
まずキャストがめっちゃ演技派揃ってて、すごく印象に残るキャラクターばかりだった。ゴジラが日常を破壊してる描写もすごく良かったんだけど、政治面とも絡めてて、官僚の無能感とかもすごく伝わってきて面白かった。石原さとみは可愛い。
平泉成みんなすきだよね〜〜
>|