シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

yosumi

yosumiの感想・評価

4.1
背中から"ビィー"が唐突感ありまくりなので、射出口表現欲しかったのと、最後の決戦兵器"ブスっ"とブッ刺さるカットが欲しかったです!

歌舞伎町TCXで2回目行きましたが
劇場内の民度が低く感じやした

やっぱりIMAXよネェ〜
ナツコ

ナツコの感想・評価

4.0
ゴジラという圧倒的な存在の前では、誰が何大臣だろうがどの俳優だろうがおかまいなしな扱い。素晴らしかった。
俳優さんたちが自分にフォーカスが当たることでなく映画の一部になることを楽しんで走り回ってるみたいな様子も、ずっとアニメをやってきた人の画づくりが成せる業なのだろうか


ゴジラは「映画」の体現者なのだと気づいた。
今でも中に誰か入ってるの?偉大でかわいいゴジラ。

ゴジラが強烈な光線を吐きだすのはみてて辛いし、泣きそうになる。ごめん。って言いたくなるし、できることなら抱きしめたい。


あとは、斎藤工が登場時間3秒ほどにも関わらず彼の中のベストアクトを叩き出している。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.3
ゴジラ来たらどうしよう(´・ω・`;)
あまりの周囲の高評価を疑っていたけれど、おもしろかった!
個人的には終わり方がイマイチしっくりこないけれども、この方が現実的なのかも??
今までの怪獣映画にはない政治的な話が多く、リアリティがあるような気もした。
テンポがよく引き込まれる。

子育て真っ最中の私には第2形態はちょっと赤ん坊みたいで愛おしくも思えた。
子どもが寝返りやおすわりができた瞬間ってこうだよね笑
セリフが早くてついていくのが大変でした。そんなときに平泉成さんのゆっくりなテンポにほっとしました。笑

怪獣映画ではなく政治要素の強い内容でしたね!とはいえゴジラの攻撃には身震いするほどしっかりと恐さもありました!
moeko

moekoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

海外のパニック映画?アクション映画?とは違って、ヒーローが登場してド派手に解決とかじゃなくって、絶妙に現実的な感じが良かった
ゴジラは原子力発電所を表してるとか、日本政府に対する皮肉を取り扱ってるとか、(映画を見ずに)レビューを色々調べてレポート書いたことがあったから無駄に詳しくって、なるほど〜って面白かった!
KtnSkri

KtnSkriの感想・評価

4.1
たしかに、現代の日本が舞台だとそうなるんだろうなぁというリアル感。
それでもいろんなしがらみは二の次として国を守るため出来ることをしようと動く権力者も存在する、日本の救いな部分。

あと、間違い探しみたいに細かい部分にすごい人キャスティングされてたり、わざと滑るようなこと言ったり、表示される名前をよく見ると面白かったり。
撮り方も独特で、あのトーンの映画なのに落ち着いたシーンでも目を離せなかった。

日本人のネーミングセンスというか、公式なものとなるとどうにもダサくなるところも面白い。

一度観ただけですごく厚みのある面白い映画だったけど、何言ってるのかよくわからないとこも多かったし、また改めて観たいと思う。
柚餅子

柚餅子の感想・評価

5.0
映画館で鑑賞。

あまりの大迫力にどハマりしました。
のちにDVD出てから再度鑑賞。

計5回くらい見てる。
子供には少し怖いかもしれないけど、最後のシーンとか結構爽快感あるし悪者をやっつけるっていう単純な話なので、頭使わずに楽しめる。

ストーリーがわかりやすい映画で、しかも迫力もある最高の作品。
wanbo

wanboの感想・評価

2.9
映像のカット割りやテロップの入れ方がエヴァ要素満載。
かと思えば、作戦会議のシーンでモロにエヴァで流れる音楽使ってたし(笑)
あと、エヴァQと同時公開だった「巨神兵東京に現る」と雰囲気が全く同じで、今思えばあれはゴジラ撮影前の準備段階として試しに作ったものかとさえ思えた。
やっぱりゴジラは小さい時に見たあの印象が強いから、今回のは正直自分は全然ハマらなかったな。。
印象に残ったのは石原さとみの「GODZILLA」の発音と「ZARAはどこ?」だけ笑
daisy

daisyの感想・評価

4.0
あくまで日本人のための映画。アメリカ人とかロシア人とかイライラするだろうな(偏見)

ゴジラの悪意がなさそうなビジュアルも憎めなくて良い。ちょっと海から陸に上がってみただけなんだろうに。自衛隊のヘリと見つめ合ってるときのあの顔なんなんだ。
>|