シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

これは異色だった。
ゴジラシリーズは三作くらいしか見たことがないため、ゴジラ作品としてどうかという視点は持てない。だからこれ単体として見た感想を書きたい。

圧倒された。とにかく圧倒された。
徹底して作り込まれた状況、状況、状況。怪獣映画ではあるが、ドキュメンタリーのように画が作られてて、リアリティーをとても感じる。
発生した"災害"
その初動対処の仕方に何とも引き込まれる。
複数の提案がありながらも、被害の最も甚大なものをほとんど考慮せずに、今までで考えうる妥当なものを想定し最終的にそれを選ぶ。

この基本姿勢。
それが積み重なって肥大化していく対処不能にほぼ近い状況。
すげえ引き込まれる!!!!!
別の作品で
「最高意思決定の段階では現実なるものはしばしば存在せず、楽観主義が横行する」(by.大好きな後藤さんヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪)
とか言ってたのを思い出したけど、ここに描かれた日本の意思決定中枢はそんなことはなく、非常に「役割的には」バランスが取れてたように思う。

前例を踏まえるとほぼありえないが考えうる僅かな可能性の中で、導かれる一つの選択肢を考慮する男。捨てきらない。
現実的に対処をどう行うかが重要であって、原因に対する不確定なアプローチは二の次な男。
なるべく今までと同じように対処していく思考が抜けきらない男。
そして決定をするという点では迅速な首相

トップをとりまくこの人間模様は、かなり多彩でありながら現実に対処しうるために、様々な選択肢を考慮できる人材が揃っているように見えた!!!
嬉しいわ!!!
ただ実行するんに必要な障害が多すぎんね。

こうした"災害"対処における日本政府の一つの在り方がスピーディーに描かれていて非常に面白い!!!
考え方によって行動が違うから、それを擦り合わせようとすると障害があって......と見ていて飽きない。

会議ひとつするのにも法案通さんといけないのね。


そうして詰み進められていく対策の中、その実現具合とは無条件に襲ってくるヤツ
GODZILA ゴジラ!!!!!
置いていかれるように崩壊していく様。逃げ惑う人。
あぁ東京なんてあっけないんや。

彼らは何を信とし、何を捨て何を選ぶのか。
どう戦うか。「日本もまだ捨てたもんじゃない」
必見です!!!
あぁぁ石原さとみマジ可愛かった( 〃▽〃)ドアップ多いよね。あぁたまらんち!!!( 〃▽〃)
個人的に微妙。

このレビューはネタバレを含みます

怪獣系はジュラシックパークくらいしか知らないので日本のは初めて見た。ゴジラが味方になった瞬間、謎の嬉しさがあった😺卵のシーンがちょっと気持ち悪い。こうなったら怖いな〜と終始思ってた
結構好きだった。
lotus

lotusの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なんでか知らんけど泣いてました

東宝がお金をかけてくれただけあります。
男の浪漫と妄想がふんだんに入った超名作
特にインフラでゴジラに攻撃するシーンは凄すぎで思わず笑ってしまいました。
ただのSFではなく震災の暗喩や日本の政治の体制に対する皮肉なども込められています。
何度も言いますが、日本映画の歴史に刻まれた超名作です
croissant

croissantの感想・評価

3.8
終わり方が個人的には、んー...って感じだった
りん

りんの感想・評価

-
ゴジラちゃんキャワ
「これが日本のゴジラだ!」昨今益々特撮に関してはハリウッドと日本の技術の差、また使い方においても上手下手の差が広がってきたところで本作である。ハリウッド版のゴジラでも本作には敵わない。何故なんだろ?日本人が本作の様な映画を真面目に撮ると悪い冗談になるのに。まず全体的に格好良い。映像も何もかも。次に「ゴジラ」がこの世の「災害」や「戦争」などこの世のあらゆる「破壊」のアイコンの様になっている。「破壊神」だ!それに対して日本の現状と未来への提言。全てが盛り込まれている。更に驚愕のラストカット!どれだけ作り込まれてるんだ!
4kan21988

4kan21988の感想・評価

3.6
石原さとみを観る感じ
u

uの感想・評価

5.0
ヤシオリ作戦圧巻。
>|