シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

4.0

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

想像以上に重厚で3時間くらいに感じた。笑
第1形態の姿が出てきたときや、終盤でゴジラが最強すぎるところはなんか笑ってしまった。
だけどときどき現実に引き戻されるような重さがあったり。
そして大杉漣さん……。現実と重ねてしまって見るのが辛かった。本当に残念です。
ゴジラの絶望感最高
shigege

shigegeの感想・評価

3.7
日本人として見た面白さも加点に影響してしまっていると思うが、まおまあ面白かった。
ゴジラの暴れっぷりはなかなか。
セリフばかりだった所は寝ちゃったけど。
はー疲れた 情報量の圧倒的多さ 脳みそパンクする 広角の構図の勉強、などする暇がない 休憩挟めばよかったかもな 疲れたのに書いている途中で全部一回消えてしまったので再度書き直しています つら 以上の事情により割と雑なのでご勘弁を
まず過去のゴジラを学んだうえでそれを超えていこうという姿勢が素晴らしい。在来線無人爆弾についてはネット上のモルモット吉田評を参照
形態変化というアイディアがまず素晴らしい 過去のゴジラ(やジョーズ)は映画内で身体の一部分をまず見せクライマックスで全体を見せるという演出を用いてきた。今回のゴジラではそれを一新し形態変化を用いることによって上記の本質を維持しつつ新しいものを生み出せた。またかなり科学的整合性を詰めてきたのもよい。
在来線無人爆弾やタンクローリーについてだが例えば初代コジラでゴジラを倒すものがオキシゼンデストロイヤーだったのに対し今回の武器は日常性を持つものになった。日常の何かが危機を救うという主題は君の名は。で危機を救うのが日常に潜むエロス(=口噛み酒)だという主題と共通する。
演技についても書いておこう
今回のキャストはかなり地に足着いた人ばかりになっている。その中でもアイドルよりの竹野内豊や高橋一生もテンポの速い編集、メガネによって地に足がつけられている。そして、例えば吉田大八の羊の木では過剰に演技をさせて失敗となった市川実日子もこの映画では過剰な演技がされているが編集で削ぎ落されている。巧い。石原さとみであるがこれらの地に足着いた俳優陣の中に紛れ込ませることによって一人だけ浮かせることには成功している。日本の中に一人アメリカという異国分子が紛れ込んでいる、という演出に成功している。ただしちょっと英語はウザい。脚本のせいでもあるのだろうが。
ラストシーンではこの映画の一つのテーマである核との共存(=ゴジラが地上に残り続ける)が提示される。憎いなあ。
公開から長くないのにあふれ出るほどシンゴジラ評は書かれている。
それらは非常に学術的なものからかなりオタクじみたものまである。この映画が語りつくせぬものであることの決定的な証拠である。残念ながら私はほとんど読んでいないのでそれらを読んだとき再考したい。
tencho

tenchoの感想・評価

4.8
やっと観た。
ゴジラ映画はゴジラが出るまでの時間が長くて嫌いだったので、シンゴジラは早くて助かった。
話のディテールが難し過ぎて分かりづらいのに、全体の流れは誰にでも把握しやすいという、素人にも玄人にも受け入れられる内容はスゴい。

日本のトップの頭脳を結集した話のやり取りのスマートさと、母国を想う人間味が相まって、作戦決行時はトリハダだった。

石原さとみの英語だけが…アレだった笑
yu

yuの感想・評価

3.8
ゴジラの気持ち悪さ◎
政府の決断の遅さ、他国からの重圧、迫りくるゴジラ、石原さとみの英語…
uraco

uracoの感想・評価

4.4
これこれこれこれ!
ユカ

ユカの感想・評価

-
大杉漣さんかっこよかったなあ。
>|