シン・ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

映画館で2回、CSではやっているのを見付ける度にで、もう何回観たかわからない😅
Blu-rayはしばらく前に買っていたのだが今回初めて観た。改めて情報量の多い映画だなぁと😓
田中

田中の感想・評価

3.5
長台詞大変だ
【ハリウッドを斬る庵野秀明】

東京湾で突如発生したゴジラが、上陸して都内を焼き尽くす話

ゴジラと"関係ない"ヒューマンドラマに溢れるアメリカ版ゴジラ、ゴジラと"関係ある"政治サスペンスに溢れる本場ゴジラ。

ここがゴジラの登場頻度が同じくらい低いのに、「ゴジラ映画なのにゴジラが出てこない」という批判の有無が別れるポイント。

100人以上の政府、科学者、軍、警察関係者が繰り広げる討論の暴力、字幕の暴走とも言える政治サスペンス会話劇は、超真面目版タランティーノ映画のよう。これが120分無駄なく所狭しに押し込められており、悪魔的な情報量の作品になってしまった。(大歓喜)

そして松本零士作品や新劇場版エヴァ2を思い出すような、行き過ぎた大厨二病アクション。日本映画史上最高レベルの迫力と言っていい。(在来線爆弾はもはや銀河級)

ハリウッドを超えた、というかハリウッドにはできない日本独自の路線が、鬼才庵野秀明によりもたらされた。映画史におけるこの作品の存在は無視出来ぬものとなった。



「公安委員会に連絡を取ってくれ。政府が動かないなら、都から有害鳥獣駆除として自衛隊の治安出動要請を出すしかない。」

「それより第76条の武力攻撃と解釈して、防衛出動の方が武器使用に対応しやすいんじゃないか。」

「武力攻撃と解釈するのは難しい。76条では武力攻撃を加えてくる主体を、国又は国に準ずるものと想定している。防衛出動は出せない。」

「今はそんなことを議論している時じゃないだろ。どう見ても自衛隊しか対処できない。」

「だがそれは市街地で自衛隊が戦闘を始めることになる。」

「恐らく総理は渋るよな。」
ばさ

ばさの感想・評価

4.0
がっじらぁ
lily

lilyの感想・評価

-
昔みたな、という記憶。いうほど印象に残ってないのでもう一度みようかしら??
うーん、長谷川博己は熱演しているのだが、、、、 石原さとみはあまり役にはまっていないような。。。 バリキャリには見えず。 映画としては、リアリティを出そうとしているのですが、、、 好みの人もいると思います
期待値より、楽しめた作品でした。
ゴジラシリーズはあまり見てないですが、評価
通りに展開も面白く良かったです。
もし、現実に起こったらを想像しながらみたら
おもしろいと思います。
自衛隊や米軍の戦闘シーンも日本映画としては
しっかり撮影されてたと少し驚嘆しました。
長谷川博己、竹野内豊など脇を固める俳優も
素晴らしく、作品がしまって良かったです。
邦画のアクション映画の技術がもっともっと上がり
いつかはハリウッドと肩を並べるようになってもらいたいです。
ま

まの感想・評価

-
無人在来線爆弾が個人的にツボ
>|