シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

センガ

センガの感想・評価

2.5
監督が庵野秀明さんというだけあって、所々にエヴァ臭を感じたのは私だけだろうか?
ちゅい

ちゅいの感想・評価

3.9
下顎裂けるのは流石にプレデター
ゴジラでかい強い
Key

Keyの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的存在感だった。
恐怖が植え付けられすぎて、映画が終わってからも東京にフリーズしたゴジラがいるんじゃないかと少しびくびくしていた。
平和でよかった……
キャストが豪華だった。普段生活している場所が出てきて面白かった。微妙なところもあった。
ketoru

ketoruの感想・評価

4.0
高橋一生〜〜〜!
NY

NYの感想・評価

5.0
とにかくもの凄い出演者の数と膨大な量の早口セリフなど、情報量は∞。

ながらストーリーはどシンプル。

だからこそのカタルシスなのかな。

TV放映加えるともう両手の数は観たと思うけど、褪せることないパッションと爽快感。

単なる怪獣映画ではなく、日本が予期せぬ未曾有の危機に陥った時にどうするかという問いかけへの一つの解を提示されている気がする。

政府の会議はやたらリアルで、ため息が溢れる。
救いなのは、長谷川博己扮する蘭堂が政治家のある種理想像を象っていること。
こういう人が居るなら、まだ日本は大丈夫なのではと思わされる。

主人公が一人のようでいて登場人物全員のような気もするのも、興味深い。
スーパーヒーローは居ない。現実を生きる中で、各々がやるべきことをやるベストを尽くす。
恐らく観る人によって気に入りや肩入れするキャラクター、シーンが異なっていそう。
それほど、多くの役が用意されながら各々が立っていた。

ゴジラ作戦で命を落とした人達への悔みが表されていたのも好感。

SF、アクション、ポリティクス、人間ドラマと種々詰まった、究極のエンタテインメント。

このレビューはネタバレを含みます

足を引っ張る大人がいない。これ最高
公開時、クソほどハマって映画館に5回見に行きました。
社会風刺的な描写があるのも面白いですよね。
nu

nuの感想・評価

5.0
受験期に見てハマりすぎて5回も劇場に足を運んだ作品。最高。
好きすぎて考察読みまくって自分も考察してアツいブログを書いたほど。
日本政府を皮肉ってたり、国民を風刺してたり、かなりスパイシーだったね
あとエヴァ同様の字体も最高だし、音楽も最高 歴代ゴジラの曲とエヴァの曲入ってたりした!
シン・ゴジラ×エヴァンゲリオンのコンサートにも行ったな、懐かしい
無人在来線爆弾とかワードセンスも抜群
とにかく全てが面白くて大好きこれを超える作品なかなか見つけられないと思う
>|