シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

Nobu

Nobuの感想・評価

2.8
早口すぎてわけわからん
(2016年8月7日のレビュー 劇場鑑賞)

スーパーおもしろい社会派ドラマだ!
目が離せなかった!
ゴジラ出現による緊迫感が、全編を通してひしひしと伝わってきた。前半はもっとダラダラと何やかんやあるのかと思ったら、映画冒頭から、いきなり緊迫する!
間延び感も一切なし!
とにかく、台詞が早口で、みんながみんなまくし立てる!


ただ、本作、怪獣映画というよりは、災害映画という印象を受けました。

ゴジラという「災害」に対し、この国の政府、内閣、災害対策本部、自衛隊などがどう対応していくのか。そこがメインであり、ゴジラが暴れるのは、どっちかといえばオマケな印象。なので、迫力の戦闘シーンを期待している人はやめた方がいいかもしれない。


むしろ社会派ドラマが好きな人におススメである。それも、テレビ局が作る映画のような、「権力=悪、それに立ち向かう正義の主人公」と、いうようなステレオタイプな構図ではないのでご安心を。かなりリアルに作られていると思います。

その証拠に、大杉漣演じる総理大臣の決断は、なかなか妥当なものばかり。ちゃんと国民のことを考えてはいる。法律に違反もしていない。それなのに、事態が収束しないからこそ、見ている側も緊迫する。


3.11経験後の日本がゴジラを作るとこうなるのか、とふと思いました。


製作:2016年
総監督:庵野秀明(『新世紀エヴァンゲリオン』)
監督:樋口真嗣
出演:長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、大杉漣、柄本明、余貴美子、國村隼、津田寛治
受賞:日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか
ryumaeda

ryumaedaの感想・評価

4.2
セリフ回しが小気味良い。
東京に住んでいて東京で観るのにすごく良い映画。
エヴァ同様視聴者のテンションの盛り上げ方がうまい。
Mae

Maeの感想・評価

3.9
豪華キャスト。次から次へと出てくる俳優陣にびっくり!
話の進み方が独特でシュールだけど嫌いじゃない。気づいたら引き込まれて見ていた。第1段階のゴジラの顔に衝撃。あまり期待してなかった分思った以上に良かった。色んな意味で面白い。
なめ

なめの感想・評価

3.0
現代日本で「ゴジラ?どういう意味だ?」っていうセリフはしっくりこんのう。
HINA

HINAの感想・評価

3.9
日野は助かりそう
火星人

火星人の感想・評価

3.2
さとみきになる
瑛

瑛の感想・評価

3.9
友達とやいやい言いながら観れて楽しかったですね
>|