シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

Nobu

Nobuの感想・評価

2.8
早口すぎてわけわからん
YAMADA

YAMADAの感想・評価

4.2
ちょーーーー面白い!
上映当時、周りの人達が何回も映画館へリピートしてたのが理解出来た!
終わり方まで最高だね!

エヴァ好きがわくわくするやつ♡
カメラワーク最高!
BGMも最高!

やっぱ、庵野最高!
これは大画面のやつな〜
しかも、キャスト豪華過ぎてwww

楽しい映画だった!
怪獣映画は興味がなくほとんど観ない。
が、この映画は本当に面白かった。

ゴジラが怖くて、政府の対応の仕方もなんかリアルでありえるのかもと思ってしまった。

SF的な兵器を使うのではなく、リアルにある電車や車を使っての攻防戦も見てて面白かった。

セリフがものすごく早口で聞き取れないし、
専門用語もバンバン出るので何度も観た。
何度観ても面白い。
せきね

せきねの感想・評価

3.1
ゴジラの圧倒的な強さ
なんかもう怖い
asa

asaの感想・評価

3.5
監督が庵野さんってところが最高
石原さとみの「ゴジラ」のクセが好き
Teru

Teruの感想・評価

4.5
高橋一生演じる安田と、市川実日子演じる尾頭の会話で、一部不可解なものがあった。

こういう会話だ。

尾頭「あれだけのエネルギー、まさか核分裂?」
安田「冗談OOです、尾頭さん。あり得ませんよ」

○○の部分が、映画の会話を聞くだけだと、「冗談っぽいです(冗談みたいですね)、尾頭さん、、」と聞こえていた。でもそれだと意味が通じないなぁと思っていた。高橋一生も「冗談みたいですね」という意味合いでこの台詞を言っていないように感じられたのだ。

先日、「アート・オブ・シンゴジラ」というアート本についてきた台本を読んでいて、やっと上記した台詞の意味が分かった。台本にはこう書いてあった(以下、そのまま抜粋)。

尾頭課長補佐「あれだけのエネルギー・・・・・・、まさか核分裂?」
安田文科相課長「冗談ポイです、尾頭さん(真顔で)あり得ませんよ」

「ポイ」は何かを捨てる時の擬音だろう。つまり安田は「冗談はやめましょうよ」と言っていたのだ。

分かってとてもスッキリした。

でも、言いませんよね「冗談ポイです」なんて。

ちなみに、台本には脇役の各登場人物の名前には全ての台詞において役職が律儀にしっかりと書いてある。里見総理臨時代理とか、津秋官房副長官秘書官とかだ。劇中でも感じたが、ここらへんに制作者のユーモアを感じる。

ユーモアと言えば「無人在来線爆弾」はギャグだったそうだ。

でも、映画があまりのもシリアスに面白くて、5回訪れた劇場では僕を含め誰も笑っていなかった。

ある日家で鑑賞した時、僕の鑑賞に付き合っていた姉が「無人在来線爆弾?今、無人在来線爆弾って言った?」と可笑しそうに笑っていた。ゴジラに思い入れがなく、高橋一生目当てで鑑賞していた姉だったから、そのギャグに気づいたのかもしれない。

今度観る時は僕も笑うようにしよう。あと「冗談ポイです」もいつかどこかで使ってみよう。分かる人はきっと分かってくれるはずだ。
わわわ

わわわの感想・評価

3.4
ある日、突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。
新しい海底火山の噴火だ!
未知の巨大生物だ!
慌ただしく動く政府!
会議室でのTVで観るその正体わ...!!!

これぞシン・ゴジラ!!
ストーリーの4分の3わ会議室。
眠たいながら観たせいか話がなかなか入ってこなかった。
早口なのに声が小さかったり聞こえにくい。
また観たい。
ゴジラ暴走モードわ迫力満点!!
全弾命中!損傷無し!
在来線爆弾ヤバい笑
ラストシーンが次回作への伏線?
期待。

石原さとみの喋り方残念。笑
尻尾びーむ!
R

Rの感想・評価

3.6
記録
ずな

ずなの感想・評価

3.0
凍らせたあと、どうするの、、、
>|