シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

主人公の名前が出た瞬間に、ブッと吹いてしまった私は、嫁のファンでもあります。登場人物はすべて、安野モヨコ作品の名前。
その辺が庵野秀明の遊び心としても、この作品は通算3回観ましたが、やはりいろいろな要素が組み込まれていて、あーでもないこーでもないと語りたくなる素晴らしい作品でありました。
庵野作品ってみんなそうだけど。
ateko

atekoの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

庵野秀明 監督

現代にゴジラが蘇ったら、日本政府はどうするのか。絶望に立ち向かうために政府だけでなく、日本全体が、世界が協力し希望を見出す。

言わずもがな、最高の男の子のロマン映画。ゴジラ映画はこれを始めて見たのですが、特撮へのこだわり、音楽、一致団結した主人公サイド側の格好良さ、素晴らしい。ゴジラの鳴き声なども旧ゴジラのリスペクトがあるらしく、作り全体に愛を感じる。
ゴジラの絶望感もものすごい。ヘリ爆破のビームが、後に内閣総辞職ビームと呼ばれているのは笑いましたが、実際映画を見ているときは恐かった。
描かれている登場人物たちも、理性的に立ち向かう者、物怖じして行動が後手後手になる者、オタクな専門家たち、どの人物にも個性やリアリティがあって見ていて飽きない。ストーリー展開のために登場人物が行動を決定する映画というものが嫌いなのですが、この映画ではそのようなこと一切なく、理性や個性に沿った行動でそれだけでもこの映画の評価は高い。
日本全体で一致団結し、解決に向かっていく様も爽快。作戦には名前が必要ということで名付けられた、「ヤシオリ作戦」も日本神話からとったというのが憎い。
唯一、点数を下げるとしたら石原さとみ。あの微妙な英語だけはいただけなかった。なぜそのキャスティングだったのか、ここまでこだわりの強い映画ゆえにとても気になる。
第1形態?が気持ち悪すぎて他の印象が…あと、尻尾からもビーム出るのすごいね
ニック

ニックの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

「怪獣という概念の無い日本にゴジラが現れたら」という一種の思考実験的映画。
綿密な調査を重ねただけあって自衛隊や内閣の会話シーンは迫真の出来。
「日本国VSゴジラ」としてこれ以上の映画は産まれようがないだろう。
たける

たけるの感想・評価

2.5
第一形態かわいい
初登場はライバル怪獣かと思った。
だいき

だいきの感想・評価

3.7
矢口のような人間は今の日本の政界に居るのだろうか。
タバ作戦ではちょうど我が家の真上をミサイルが飛び交い、近所の丸子橋が吹き飛ばされていたのでこれはもう他人事じゃない。
もう庵野監督ワールド炸裂って感じ。これはこれで面白かったけど、自分が好きなゴジラとは違うかな。石原さとみの役も別にいならないんじゃないかなとも。wowow あたりで連続ドラマみたいな感じでやれば面白いかも。
ゆきた

ゆきたの感想・評価

3.6
今までの平成ゴジラシリーズとは全く異なるストーリー展開でこれはこれで楽しめる
途中で手のひら返したりすることもなく一貫したゴジラに向かう姿勢は見てて清々しい
ただ石原さとみのバイリンガル設定は無理がありすぎた
Arinko

Arinkoの感想・評価

2.0
わたくし、ゴジラというものを初めてみたのでよくわからず、「ゴジラって何。恐竜?」とか質問する始末。一緒に見ていた相方は今までのゴジラシリーズ全部観てるらしく、終始興奮してました。結局何だったのか、未だに分からず。何故石田さとみを起用したのか…も気になってあんまり集中出来なかったのかも!
>|