シン・ゴジラの作品情報・感想・評価

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

ryo

ryoの感想・評価

5.0
まずは小さい頃から平成ガメラシリーズ等でお世話になっていた樋口真嗣監督がゴジラを撮ると聞いて ついに来たかと思った。
この人はゴジラがやりたくて仕方がないのだろうと昔から思っていた。いつかやるだろうと、
そして総監督が庵野秀明さん。
これまでの特撮の流れや、ゴジラ というものをよく理解しているであろうこの2人なので安心した。

まずはポスターを見て2つ感動した。
下を見下ろし手は上向き、初代ゴジラへのリスペクトを感じた
そして 現実対虚構 まさにその通りだ 挑戦と想いが込められている


こんなに映画が待ち遠しいのはいつぶりか、小さい頃ゴジラを立ち見や通路に座って観たことなど思い出した。その頃ぶりだ

映画は期待以上のの出来だった
半分エヴァだが上手くマッチしているし、何よりゴジラの扱いが良い 後半はしっかりと動いてビームも出しまくってくれるし (ちゃんとゴジラ映画わかってるなぁと

俳優陣もきっちり演じていて爽快だ。
前半と後半で雰囲気が違うのも飽きさせないし

新幹線爆弾の下りとか最高じゃないか(昔庵野さんやってたよね?

ストーリーも文句がない 日本にしか出来ないゴジラの倒し方だと思ったし
ラストは凍結したゴジラが復興のシンボル的な感じにも見えて
爽やかに終わる。
謎も残るがそこもたまらん



初代ゴジラの次によく出来たゴジラ映画だと思う。よくこんな短い制作時間の中でこんなクオリティのモノを作ったなと感動した。

何かを創ったり描いたりする人達はいつだって現実対虚構なのだ。
オタクのオタクによるオタクの為の作品。いい意味で。俺たちは、こういう邦画を待ってたんだ!って思いました。
かし

かしの感想・評価

4.6
何回も見たけど、毎回感想違う。今回は石原さんがやっていた英語ネタをサンドウィッチマンがアレンジすると面白いんだろな一択でした。全国ツアーのチケット、今年も手に入らず。どうやったら手に入る!?
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
ゴジラという虚構を一つ挟んだだけで、あとは恐らく完璧主義者だろう庵野監督の映画というスペクタクルな思考実験が始まる。官僚を、エリートをここまできちんと描き、一種の組織論として提示するような社会性を持った作品が、ここまで面白く観せられるとは。脱帽。
好みにわかれる!
D511116

D511116の感想・評価

-
騒ぐ程の作品かと思った。
自衛隊の扱いがリアルてことだけかな?
特撮人間の庵野監督なので、まずそこは間違いなし。
オタク票を集め、評価されることは当然と思っていたのですが、想像以上に一般票も集まった結果大ヒットに結びついたのでしょうか。

当時大学に通っており、毎日使う街や風景、鉄道がボコボコに壊される映像には興奮しました。
外を歩けば聖地があるので東京に住んでてよかったと思います。
大学のすぐそこも聖地でした。

アニメの様な、実写ではあり得ないテンポで叩き込まれる情報量の暴力。
あえて読みきれないテロップや一度で聞き取れない様なセリフを使う様なやつですね。
ああいう物の積み重ねが錯綜する世界観を観客の脳内に作ってくれる感じがして好きなですね。

よく言われる石原さとみのキャラはまんまアスカを実写化した感じなのでオタクな自分は大丈夫だろうと思ってましたが普通にウザかったので二次元に限るやつだと思います。


徹頭徹尾、徹底した取材による現実にありそうな展開かと思いきや最終決戦で突然80年代特撮のはちゃめちゃ兵器バトルみたいになるのは「ここまでこの空気作ったのに!?すっげえな!?」以外の感想がありません。

自衛隊にありがとう。
無人在来線爆弾にさようなら。
全てのゴジラファンにおめでとう。

一生ついていきます。
LeakMount

LeakMountの感想・評価

3.7
迫力や勢いで最後まで行っちゃうような映画。

ゴジラは初だったので前作と比べてとかの感想はないが、妙なリアリティがあったのが臨場感もあって良かった!
>|