シン・ゴジラの作品情報・感想・評価・動画配信

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

都内で働いてる時に自分の会社が潰されるのをみてみたかった。
劇場で4回観るほどハマった。お涙頂戴が全くないまま東京が破壊されてくのが逆に潔い
SatokiIto

SatokiItoの感想・評価

4.3
危機対応時の意思決定の過程がリアルで面白い。潰れてからが強い日本人。
難しく会話が多いので内容を十分に理解するのは苦戦した。ゴジラの迫力とCGの技術には驚かされた。今まで見てきたパニック映画の中でも上位クラスに現実味を感じる作品となっていた。
地名も出てくるなど設定がリアルで「本当にゴジラが来たらこんな感じなんだろうな〜」と思いながら見ていました。
話の本線とは関係ないけど、難しい説明が多いので字幕をつけるとちょうど良かったです。

このレビューはネタバレを含みます

ちょっとこれ、
うまく感想書けない。
でも自分の覚書で
ごちゃごちゃ書き残しておく。



中盤まではまさに元祖ゴジラ。

登場人物が多く
字幕説明も多いけど、
表示される秒数が短く読み切れない。
会議シーンなどが多く、
専門用語も多様されるので、
まるでついていけない。

でもそれでいいんだと思う。
実際、鑑賞者に理解させる気のない速さで
物語は進んでいく。
そういう風に作られている。

政府の動きなんて、
各国の思惑なんて、
わたしたち一般市民には
到底理解できない。
たくさんの偉い人たちが
なんかゴタゴタしてたり
頑張っていたり…
それだけ分かれば十分というか。

物語と上記したけど、
ただただゴジラを止めるべく、
市民を救うべく、
奮闘している様子が描かれているのみで、
こちらが拾わなければ
大きな人間ドラマもさほどはない。

「代わりの人間はいる」みたいな
セリフがあったけれど、
まさにそんな感じ。
一般市民も政治家も、危機的状況においてはただの1人の人間なんだなと。
だから、人間1人1人を
丁寧に描いたりはしない。
ということかなと感じた。



余談だけどわたしは原発反対派だ。
「手に負えないものを扱ってはいけない」
それだけだ。
原発をなくしてどんな弊害があろうとも。



あとは最後のシーン。
ボロボロになったゴジラの尻尾の先が
映るんだけど……ぞっとした。
Keimog

Keimogの感想・評価

4.5
圧倒的迫力、溢れ出るエヴァ感、日本にゴジラが襲来したら。
凄く良く描けていたかと思いました。

シン・ゴジラ半端ない!
造形だけで4.5点
震えた、庵野神
ドル

ドルの感想・評価

4.5
日本人的解決法だから洋画とは違ってリアルに感じる
面白い
東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。その後、海上に巨大不明生物が出現。さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。
日本発のゴジラとしては初めてフルCGで作られた特撮。現代日本に出現したゴジラが、戦車などからの攻撃をものともせずに暴れる姿を活写する。内閣官房副長官役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官役の竹野内豊、アメリカの大統領特使役の石原さとみ。

危険が迫っていても政府の対応の悪さが今の時代と繋がっているなと。もし、今の東京にゴジラが表れたときに対応できるのかと想像してしまった。
このゴジラ凄い。放射線は出すし身体中からレーザーは出すし。
ゴジラの動き野村萬斎さんが動きのモデルになったらしい。ゴジラ、日本の伝統芸能の技を受け継いでいるとは。
テーマ音楽聞くとテンション上がるな。
>|