シン・ゴジラの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

しらす

しらすの感想・評価

4.0
私にとっては面白いというより考えさせられる映画でした。
CGの技術がすごくてリアルすぎて怖い。構成やカットなどもすごく良くて、映画・映像としてまず見て面白いのかもしれない?です
一度見てみる価値はあると思います
あの、音楽がいいですよね!
トゥトゥトゥー、トゥトゥトゥー、トゥトゥトゥトゥトゥトゥー

最高でした。
家族で見に行った。みんなで興奮。いわゆる子供だましの怪獣映画とは大違い。作戦の詳細や、組織・役職を含めた官邸・官僚たちの反応が実にリアル。専門用語をこれでもかと多用することで逆にリアリティが増した。結構な数の俳優が、思わぬところでちょい役で出ているらしい。いずれDVDかなんかで、探してみたい。
みく

みくの感想・評価

3.0
昔のゴジラってストーリー性があって本当に面白かったなぁと振り返りました。
2016年度では僕的にグランプリ!
新たな切り口でゴジラを復活させたなと感激。
あまり激しく動かないゴジラが妙にリアルで不気味。
中盤のとあるシーンは絶望的すぎて泣きそうになった。
やっつけ方にはちょっと異議ありやけど、かっこよかったから良き良き。
昔の音楽をそのままふんだんに使ってくれてるのも高得点!
この映画の魅力は会議シーンにあると思うんだけど、二週目以降は会議シーンで飽きた笑
くっそー!庵野め!新しいエヴァ出すまでは絶対、シン・ゴジラ観ないからなっ!って思ってたんだけどね?まあ、普通に観ちゃったね?観ちゃったってのもなんか分かんないけど、まあ、観ちゃった…

ちょいちょいと情報は入っていたからアレだけども、何?ゴジラ第二形態っての?あれ、なんの知識もなく映画館で観たら、ギャッ!ってなるよね?楳図かずおの漫画みたいにさ?ギャッ!…で、コマ変わってギャッ!みたいなね?ちょっと悪ふざけみたいな気すらするもん。ちょっとイヤだ…でも待って?一周まわってキモ可愛いか?いやいや、やっぱなんかイヤだ…ってな感じでさ。とにかくビチャー!ってのはエヴァんときもそうだけど、好きなんかね?やたらビチャー!ビチャー!からのヒーッ!って悲鳴?なんかエヴァエヴァ言われてんのにも納得。演出も似てたね。

映画の中身はもう、基本的に専門用語のオンパレードで、そこに、言ってやりました感満載の皮肉や直接的でない物言い。このあたりもエヴァエヴァ言われる所以かな?ちょっと離れた外野の声を乗せてくんのよく使うねー?

そして、どうゆう経緯で出演したのか気になる豪華なカメオ出演の俳優陣。軸となる配役には長谷川博己やら石原さとみやら竹野内豊に大杉漣など…いやあ!竹野内豊はハラハラするよ?映画は取り直しきくって分かってるんだけどドキドキしちゃう。ゴジラの行く末よりドキドキしちゃう…英語のが流暢に聞こえる不思議…なんだろね?

あとは本題のゴジラか?God云々ね?ゴリラとクジラの造語だべさ?なんて思ったりもします。そうそう、あいつ最初は大田区から入って来て、ウチの親戚の米屋をピンポイントで強襲しやがって、そっから俺の働いてる地域を目指して来やがる!からの、一度、海に戻って、今度は鎌倉から上陸して俺の自宅方面に向かって来んのか?おらおら!

なんですか?あいつは…我が家系に恨みでもあるんすかね?奴の狙いは、ウチの血族を全滅させることなんすかね?俺ん家に横浜線と相模線が突っ込んで来るのとかイヤだわー。小田急と京王と田園都市向かって来たらイヤだわー。
kana

kanaの感想・評価

3.1
正直期待してた程ではなかった。
でも、リアルに描かれてたしキャストは豪華!
okada

okadaの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

2018/12/08 1回目
「国を守るって大変ですね」
こんな視点の怪獣映画ってあるん?というか、これが怪獣映画の本質なのかも。
全然知らんけど、国の、政府の描写が細かくて、異様にリアルに感じた。
はちゃめちゃ怪獣フィクションなのに、現実感がすごい!
あと、ちょい役の人選がずるい!
いりお

いりおの感想・評価

4.0
私たちが住んでる街に!
きっと本当にゴジラが来たら!
こうなる!!!

とてもリアルで、アトラクションみたいな映画でした🙆‍♂️
muu

muuの感想・評価

4.7
ゴジラシリーズは一作も観たことがなく、「庵野秀明監督だし…」くらいの気持ちで公開初日にしぶしぶ夫の付き添いで鑑賞したら面白すぎてその日の夜眠れなくなりました。

政治的な場面や大気汚染問題も盛り込まれているが、雰囲気を重くしていない所も観やすくて良い。宇宙大戦争マーチが流れた瞬間とにかく「いけええええ!!!」と熱い気持ちにさせてくれ、なぜか笑顔になってしまう。最後の作戦場面が明るい時間帯なのも良かった。エヴァンゲリオンが好きなら反応するようなポイントもいくつかもあり、嬉しくなりました。文句なしに面白かった。