シン・ゴジラの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

シン・ゴジラ2016年製作の映画)

上映日:2016年07月29日

製作国:

ジャンル:

3.9

あらすじ

現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向かうのか?

出演者

「シン・ゴジラ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ゴジラーー!!!クソ腹立つ前のバイト先壊してくれてありがとうな!!!(最大のネタバレ)

完全に映画に引き込まれた。
画面から伝わる緊迫感は震災の時に感じ、今もなお感じ続けているものだった。
いつ何が起こるかわからない。そんな日本という小さな島国で、それをまとめる官僚たちは起こったことに対してどう対応していくのか。また彼らは本当に適切な人材なのか?事後処理はどうなるのか? 色々と考えさせられるテーマが詰まった作品だった。
なによりライブ感がすごい!ゴジラ上陸の日時がハッキリしているので「この日のこの時間にこれが〜」と現実でも盛り上がることが出来る。一本の映画が架空の記念日をつくり、それで人々が盛り上がる。素晴らしいコンテンツだと思う。
シン・ゴジラ、
とりあえず最高かよ。

日本人とゴジラの関係、
初代ゴジラとシンゴジラの持つ役割
日本という国
ふかーく考えさせられる。
まじでなんで劇場で見なかったんだろう....
庵野流石すぎる。
個人的には防衛大臣役を演じた余貴美子がツボでした。

このレビューはネタバレを含みます

後半の展開、うまく行き過ぎ感が少々残念。
もう少しひねりが欲しかった。
究極の生命体、やはり口から?なの?

第一形態、ツチノコっぽくてちょっとブサ可愛いと思うのは僕だけ?
とりあえず、いま住んでるとこはガズィ〜ラに踏まれたりしてない感じがするけど、いま働いてるとこは熱線レーザーで思いっきり破壊されたと思うんだ。

在来線直撃にあんな威力ねーよ。
結構な威力の兵器でビクともしないんだから。
でも、そういう都合良すぎな感じも好きなんだ。
民主主義が民主主義であることを担保する「手続き」という概念が、官僚制、内閣制においてどのように行われるのか。エンターテイメントとはいえ、ここまで徹底的に描いている邦画は初めて観た。
最近気づいたけど、大作は政治的要素がなければ面白くならない。
あと、石原さとみ嬢には正式に求婚したい。
良い意味でも、悪い意味でも、自分の人生において、新世紀エヴァンゲリオンというのは、とても影響を与えている作品で、とくに旧劇場版の「甘き死よ来たれ」は数千回は聞いている。

それに庵野監督の実写作品も、式日とラブ&ポップを見ていて、彼なりの画作りにも少なからぬ知っているつもりだ。

その上で、このシン・ゴジラという作品を見てみると、エヴァンゲリオンの旧劇場版の骨子だけを残して、うざったい精神世界とか気色悪い父親と母親とか体液臭い男女関係を、きれ~いに、きれ~~いに洗い流してから、理知的なプロットと、現代の日本の暗喩と、政治劇で、肉付けしていったという、非常に理知的な作品だと思った。

愛液と精液と汗と血の臭いを作品から感じさせず、ややもすると清潔を通り越して潔癖的に、物語を組み立てるというのが、この10年間の流行りだと思うのだけれど、そういう観点から見ると、成功しているように見える。

別にそういう人間臭い本質を描かずとも、政治劇で、お互いの目的や信条をぶつけるだけで、ヒューマンストーリーとして成立させている、というのも、なんか、すごくクレバーな印象を受けた。

それにしても、最初にやってきたお目々がくりっとしているゴジラは、赤ちゃんがハイハイしている様子を彷彿とさせて可愛い。

あと、個人的に一番好きなキャラは、政調副会長の泉修一でした。小太りで、不遜な態度で、でも、周りが見れてて、気配りができるってすごい好き。
Noo

Nooの感想・評価

3.8
人間を救うのは一人のスーパーヒーローじゃなくて、たくさんの人間の能力の集積なんだな、と思いました。

最近人類はヒーローに依存しすぎててダメだね。ここでウルトラマン来てくれれば良いのに…って思ってしまったけど、都合良くピンチにヒーローが現れることなんてないからね。

職能の垣根を越えて知恵を出し合う天才の人たちかっこよかった。
アメリカのアニマルパニック系と特撮と
いうジャンルがどうして全くの別枠と捉えられているのか改めて考えたい。
見慣れない特撮ジャンルだけどドラマ性があって面白かった。
てか、ほんとに9割会議なんだね。
YY

YYの感想・評価

3.8
テンポが良い。映画上の脅威がゴジラであっただけで、素材は巨大地震でもミサイルでも同じ内容でいけそう。ただ、日本が何かの脅威に侵されたとき、国としてどう立ち向かうか。そんな映画だった。それ故にCG使いまくりなのにリアリティがあった(石原さとみの役以外)。石原さとみは映画での使われ方がいつも悪い。もう少し作品や役を選べばいいのに。
人生で唯一、劇場で3回観たやつ。コメントはとくにない。いまからprimeで観よー。