あき

信長協奏曲のあきのレビュー・感想・評価

信長協奏曲(2015年製作の映画)
3.8
試写会にて。ドラマが終わり、結末が気になって、結末が気になっていた事すら忘れかけた1年後に、映画がやってきた。それがこの映画の一番残念な所かな。ここまで待ったのなら、レンタルやTV放映を待っても良いかもとすら思えちゃう。良くも悪くも、ドラマでやっていた時と、雰囲気は変わらない。でも、ドラマが好きだった人なら、喜ぶんじゃないかな、と思う内容。とっても良く出来てるなぁと楽しかった。

話がクライマックスの本能寺の変なので、どうしても信長、光秀、秀吉の3人の出番が多くなる。3人(というか2人)とも素晴しかったけど、ドラマのような、織田家家臣の皆さんとの熱い主従の絡みももう少し見たかった。