kevin

杉原千畝のkevinのレビュー・感想・評価

杉原千畝(2015年製作の映画)
2.5
第二次世界大戦前、政府に背いて迫害されるユダヤ人にビザを発行し続けた男がいた…。


なんとなくそういうことをした日本人がいたという話は聞いたことがありました。で、予告はそこばかりを取り上げるのでヒューマンドラマ的なものを予想してたんですが、どちらかというと偉人伝、歴史ものといった趣が強いように感じました。
なのでビザ発行のところに期待しすぎると肩透かしになるやも?

杉原千畝という人がこの時代に何を考え、何をしたのかというまさにタイトル通り、杉原千畝さんのお話。ビザ発行はその1つでしかなく、時代ならではのスパイ的な活動だったり、地元の有力者とのパイプを繋いだり。それを元に得た情報で日本の今後を訴える。
とにかく日本の、世界のため。世界を変えたい!という男の闘いのお話。

結構淡々と進んでいくので歴史とか人物伝好きはいいと思います。お話に感動したい人は…どうだろう(^_^;)
監督が「太平洋の奇跡」の人なんですが、淡々としてる感じが同じです。
太平洋の奇跡が好きだった人はいいかも。


歴史とか人物伝は嫌いじゃないのでそこそこ楽しめましたが、これなら「その時歴史が動いた」的な方が楽しめたかな。
杉原千畝さんの想いや志が伝わってくるいい映画でした。
歴史の人物好き、史実好きさんは観て欲しいですね。