KOKO

杉原千畝のKOKOのレビュー・感想・評価

杉原千畝(2015年製作の映画)
3.9
俳優部に拍手!!!
話自体はかなり淡々としているし、台詞だけで話が進むことも多かったのですが、
なにせ演技が素晴らしかったので何も問題無かったです。

特に、奥さんが後押しするところは、ただ2人が会話してるだけなのに、自分でも驚く程涙が出てきて、隣のおじさんもズビズビ言ってました。

良かったのは、杉原氏がメラメラ熱い正義感を振りかざしてるわけじゃなくて、かなり論理的に物事を判断していたところです。家族を守ることと世界を変えることで悩む人間らしさに親近感がわきました。

映画ですから、多少の脚色はあるのでしょうが、1人の日本人が2千人の命を救い、それがどれだけ勇気ある行動だったか、そしてその勇気がまた誰かの勇気となったこと、しっかり私の心に染み込みました。