わんばん

杉原千畝のわんばんのレビュー・感想・評価

杉原千畝(2015年製作の映画)
4.5
「日本のシンドラー」として有名な杉原千畝。
ユダヤ人に命のビザを発行したことはよく知られているが、その時代背景などをニュートラルに描いているところに好感。
以前ザ・プロファイラーで特集されていたが、諜報活動によって日本に情報を伝え続けた彼は、世界の情勢を見極め、その中で日本がどうたち振る舞えばよいか、常に考えていたのだろう。

協力者との信頼関係を大切にし、そのためには自らの立場を失う覚悟まで。

現地採用職員であるドイツ系リトアニア人・グッヂェが、ユダヤ人に対する感情を抑え、杉原の指示通り働き続けた姿に感動。


しかし

大切なシーンに度々現れる鈴木Q太郎...

必要あるか??