クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃の作品情報・感想・評価

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃2015年製作の映画)

上映日:2015年04月18日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.5
これも割と良作。
ひろしの栄転で、野原家がメキシコに移住という凄い設定。

今作はみさえがとても強くて心強い。ひろしが単身赴任を決意しても1人で行かせないと家族全員の移住を説得するし、ひろしが1人で危険を背負おうとする時もちゃんと反対する。
力づくで戦う訳じゃなくても、母・妻として全力で家族を守る。そういう姿勢が見えてとても頼りになる。

序盤は春日部のみんなとのお別れ。唯一風間君が素直になれないでいるが、かすかべ防衛隊として涙のお別れ。このくだりが見事な前フリになっている。

メキシコの田舎町まで赴任するが、新種のサボテンの集団に襲われる展開。
これが完全にゾンビ映画のノリ。とりあえず建物の中に避難しての篭城。食べ物等の確保。弱点を探して退治という展開、と基本を抑えた物語構成。

保守的な町長が何かと反対する、というのも実に上手い。生き残った仲間内に足を引っ張るというのもお約束な設定だ。しかも町長には、彼なりの町への愛情があり一概に悪人じゃないこともポイント。

後半の畳み掛けもテンポが良いし、クレしんとラテンなノリがとってもマッチしてる。
さゆ

さゆの感想・評価

-
過去鑑賞。
Yumiboris

Yumiborisの感想・評価

3.8
過去ログ

風間くんとのやりとりに泣いた
しんのすけが引っ越しの手紙書いたところですでに号泣。
筋肉16g

筋肉16gの感想・評価

4.0
まさかのパニック映画だった
所々オマージュがあって面白い

風間くんとの友情は泣ける
ゆうた

ゆうたの感想・評価

4.5
Amazonprimeにしんちゃんたくさん。

パニックムービーとして完成されてた。
協調性のない奴、臆病な奴、扱いづらい奴など、個性的なメンバーと一致団結するラストは爽快!

ラストのしんちゃん特攻はアベンジャーズ並みにかっこいい。

冒頭の引っ越しに家族でいこう!!から一貫してる家族愛に感動する。

「そとは危険よ!」
みさえ「危険だから(しんちゃんを迎えに)行くのよ!」



平田正明のおじいちゃん役はめずらしくない?
nobu

nobuの感想・評価

3.5
アタックオブザキラートラトみたいなパニック映画でしんちゃん大活躍。

春日部防衛隊はいったんおやすみ。

それでもだいじょ~ぶ!
2019年20作目。

全員キャラが弱かった。
人じゃないからしゃべられへんもんなー。
昔のやつは今見てもおもろいけど、最近のはやっぱいまいち
もうクレしんの映画でおもろいのは出ないのか、、
ゆち

ゆちの感想・評価

4.0
しんちゃんカッコ良いしなにげにしろが活躍!笑
泣ける〜!
ゆずの主題歌も素敵!
wataru

wataruの感想・評価

3.5
冒頭からジーンとくる映画は初めてかもしれない。
いくつになっても笑えるし、泣けるし面白い。クレヨンしんちゃんの映画って世代によって見方が変わって、見終わった後考えさせられるなーって思う。
あ

あの感想・評価

-
風間くん食べられるやつと思ったら違った。
お別れのとこ泣いちゃった風間くんかわいい
>|