グローリー/明日への行進の作品情報・感想・評価・動画配信

「グローリー/明日への行進」に投稿された感想・評価

KEI

KEIの感想・評価

3.7
途中うるっときた
キング牧師の遺族の利権関係で演説内容が全部類義語に置き換わってるってのは知らなかった、、

権利は与えられるものではなく勝ち取るってのはほんまやな
ケネディの公民権法案が確立された時代で活躍したマーサー・ルーサー・キングJrの物語。彼が今この時代を生きている僕らに何を残したのか・・・そんなことを思わさせてくれる映画です。
怒りを相手に対して礼儀正しく表現する。劣悪な社会構造だとしても、その誠実さが、フェロー以外にも届き、行動に駆り立てる。

今まではマスコミからの情報をただ受け取っていた感覚であったが、その情報が骨抜きにされている事もある。
こちらから手繰り寄せなければ、自分自身も社会も、あらぬ方向に向かう事はいつの時代にもある。

最後の演説は、素敵な演出には思えなかったが、主な参加者の中に先日お亡くなりになった、アメリカ下院議員のジョンルイスさんが登場したのはうれしかったし、その若かりし日の姿が「明日」なのでしょう。
2020.9.30

面白かった。
ホロコーストの映画もそうだが、知らない事が多すぎるしその事実が今も続いているという事が恐ろしい。
yuka

yukaの感想・評価

3.8
 BLMが注目される今、キング牧師がなぜ“非暴力”の精神を貫いたのか、みんなもう一度考えなくてはならないと思った。不平等や不正義を訴える運動は民主的でとても価値のあることだけども、訴える側もキング牧師のように訴える方法を考えなくてはならないのでは。
 友達が見ていたのをきっかけに、この映画に出会えて本当に良かった。公民権運動に尽力され、今年亡くなられたジョン・ルイスさんも関係している映画で、今だからこそ注目すべき映画。
Fisherman

Fishermanの感想・評価

4.1
これもやっと見れた一本。
国民としての平等を訴えてだだ郡庁舎まで行進するだけのことがこれほど重い時代。あの有名なキング牧師の演説に至る、非暴力による行動への悩み、家族、仲間たちとの関係を描いた価値ある映画。
そもそもイギリスから渡り、インディアンを迫害し、黒人を奴隷として使ってきた白人どもは自らを恥と思わないのかね。
キング牧師、マルコムX、ケネディの暗殺、どれも根っ子が同じような気がする。
主題歌が良かった。
はる

はるの感想・評価

3.7
キング牧師イズ偉大なりけり
エンディングがジョンレジェンドなのはセンスあり
Mimi

Mimiの感想・評価

3.5
今も人種差別問題は続いている。
>|