みうさん

ディオールと私のみうさんのレビュー・感想・評価

ディオールと私(2014年製作の映画)
-
WOWOWでデザイナーの特集をしているんですよ。ドリスの次はラフシモンズがディオールに就任した直後のコレクションを追いかけるドキュメンタリー。過去とかは掘り下げずに、進行形で撮られているのでドラマとしてもちゃんとできていて、かなり見応えある。ラフシモンズはデザイナーというかアートディレクターとして、プロデューサー的な側面がすごく大きいのかなと。補佐する人たちが有能で心優しいのも素敵。会場のアイデアとかも、かなりアート寄りで(そもそも現代アート大好きマンなんだよね)素晴らしかった。そして何よりすごいのはお針子さんたち。確固たる技術と精神力、素晴らしい。数日前はバラバラだったものが3Dで立ち上がる様は(その表現素晴らしいお針子さん)感動して涙出る。良きドキュメンタリー。
ラフはカルバンクラインもクビになっちゃったけど、これからもバリバリ自分を通していってほしいものです。