秘密 THE TOP SECRETの作品情報・感想・評価

秘密 THE TOP SECRET2016年製作の映画)

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:149分

2.9

あらすじ

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪 剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。全ては「犯人の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。「第九」が脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」…

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪 剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。全ては「犯人の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。「第九」が脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」の闇、貝沼事件へとつながっていく。今は亡き薪の親友、元「第九」メンバー・鈴木(松坂桃李)との関係性まで浮上。そこには、命と引き換えにしてまで守ろうとした、絶対に知られたくない【第九最大の秘密】が隠されていた・・・・・・。

「秘密 THE TOP SECRET」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

2.5
2016/08/10 (TOHOシネマズ府中)

漫画が原作の映画が多い中、自分がもともと大好きな作品の映画化作品を観るのは実は初めてで、いろいろ覚悟してのぞみましたよ。。。

のっけから主要キャラがまったく違う人物像で登場し、作り手から「原作とは違うんです!これは映画『秘密』ですから!」と宣言された感じ。うん、これはこれではっきりしていて好ましい。

けれど、やはり原作を知っているということが映画を楽しむうえで足かせになってしまうものなのだなぁ。映像自体はとても力を持っていて、役者たちも熱演しているし、音と音楽の使い方も過剰と引きの対局を行ったり来たりしているのが効果的だった。

もし、原作を知らなかったらもっと楽しめただろうか?
それは言っても詮無いこと。

更に詮ないことを言うと、原作の持つ魅力は残念ながらこの映画には無かった。あったのは、死者の脳内記憶を映像化できるという設定の引用だけ。2つの事件を無理やり繋げてしまったことですべてが薄まってしまったんじゃないだろうか。なんだかいろいろもったいない。

ラストシーンにはあの映像が来ると察しがついたので、さあ、映画屋として渾身のラストシーンを見せてくれ!と思ったのだけど……これもまた薄まってる感が否めなくて残念。うー。

原作を知らずに映画を観た人が、原作を読破した時の感想を聞いてみたい。あと、原作者である清水玲子氏の感想も気になるけれど、それよりこの映画を企画した人の真意も聞いてみたい。

自分にとっては、他の映画とは違う、難解じゃないのに落とし所が見つからない映画でありました。
ストーリー自体は面白かったけど、とにかくトラウマになった。
nihonjin

nihonjinの感想・評価

2.8
イケメン点
38

38の感想・評価

5.0
原作も読んでみようと思った
アダチ

アダチの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます


結局、鈴木 が
ああなったのは
貝沼 の まき への愛憎を
そのまま記憶として
受け継いだから
まき を殺したい欲が
出てしまったってこと?

それとも、28人の殺人が
全て まき へのプレゼント
という真実を隠したくて
あんなに錯乱したの?

そして、昔の まき の
あの 優しさと包容力…!?
あれが元の性格なら
走馬灯の まき の話し方の
幼さと優しさにも
納得がいくような…。

きつめの殺人シーンとか
スリルある展開には
ドキドキしたけど、
最後の あおき の
お父さんへの言葉がけと
盲導犬の網膜の記憶の方が
重く心にのしかかった…。

最後の盲導犬の紐を
手放したのは
まだ 善意だと思いたい。

絶望:希望が9:1な感じの
映画でした。
ストーリーは非常に興味深く、面白い内容だった。ただ秘密とは…多少疑問が残る点がある。モヤモヤした気分になるのは何故だろう。全体的な暗さが良き。
よる

よるの感想・評価

2.0
自分の脳みそぶち抜いてまで 見せたくなかった記憶(秘密?)なんてあった?
どーして、犬の検体取っといたの?犬の記憶で警察動くし、消火しないし、なんかいろいろ分かりづらい。でも、俳優達のスーツがかっこよかったから スコアは2。
Hacco

Haccoの感想・評価

2.0
秘密が、、秘密が何のことなのか理解できず
母とともに?????の状態で帰ってきた記憶、、
見返してみたいけど怖くて1人では無理( ; ; )
>|