秘密 THE TOP SECRETの作品情報・感想・評価

秘密 THE TOP SECRET2016年製作の映画)

上映日:2016年08月06日

製作国:

上映時間:149分

2.9

あらすじ

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪 剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。全ては「犯人の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。「第九」が脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」…

被害者の【脳に残った記憶】を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪 剛(生田斗真)のもとに、新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。全ては「犯人の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す単純捜査」から始まった。「第九」が脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す【驚愕の真犯人】が現れる。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる「第九」の闇、貝沼事件へとつながっていく。今は亡き薪の親友、元「第九」メンバー・鈴木(松坂桃李)との関係性まで浮上。そこには、命と引き換えにしてまで守ろうとした、絶対に知られたくない【第九最大の秘密】が隠されていた・・・・・・。

「秘密 THE TOP SECRET」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

2.5
2016/08/10 (TOHOシネマズ府中)

漫画が原作の映画が多い中、自分がもともと大好きな作品の映画化作品を観るのは実は初めてで、いろいろ覚悟してのぞみましたよ。。。

のっけから主要キャラがまったく違う人物像で登場し、作り手から「原作とは違うんです!これは映画『秘密』ですから!」と宣言された感じ。うん、これはこれではっきりしていて好ましい。

けれど、やはり原作を知っているということが映画を楽しむうえで足かせになってしまうものなのだなぁ。映像自体はとても力を持っていて、役者たちも熱演しているし、音と音楽の使い方も過剰と引きの対局を行ったり来たりしているのが効果的だった。

もし、原作を知らなかったらもっと楽しめただろうか?
それは言っても詮無いこと。

更に詮ないことを言うと、原作の持つ魅力は残念ながらこの映画には無かった。あったのは、死者の脳内記憶を映像化できるという設定の引用だけ。2つの事件を無理やり繋げてしまったことですべてが薄まってしまったんじゃないだろうか。なんだかいろいろもったいない。

ラストシーンにはあの映像が来ると察しがついたので、さあ、映画屋として渾身のラストシーンを見せてくれ!と思ったのだけど……これもまた薄まってる感が否めなくて残念。うー。

原作を知らずに映画を観た人が、原作を読破した時の感想を聞いてみたい。あと、原作者である清水玲子氏の感想も気になるけれど、それよりこの映画を企画した人の真意も聞いてみたい。

自分にとっては、他の映画とは違う、難解じゃないのに落とし所が見つからない映画でありました。
途中で目瞑ってしまう程、怖かった。
脳科学SF系サスペンス
個人情報保護法が空気でしたね〜

部屋にゴミ散らかして
掃除するかと思ってたら
部屋ごと爆破して、はい掃除終わり☆
みたいな終わり方でした🤗

あとWOWOW特有の暗ーい感じは
正直、嫌いじゃないです
結構怖い。気持ちも悪い。ちょっとエロ。

そして話しの繋がりが薄い。

色々伏線を回収せず。
Wearego

Wearegoの感想・評価

-
日本のSFとしては映像が綺麗だった。入り込める作品。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

2.5
SFクライム・スルリラー。近未来の警察官に第九と呼ばれる部署があり、ここで死体の脳から記憶が映像化に成功した。でもまだ正式に裁判や法律は認めてない。この研究の目的は死刑になった犯罪者の脳の記憶を覗いて、未解決事件を解決すると犯罪が起こる前に防止する。でもある28人連続殺人事件に新しい家族殺害事件がの繋がりがあって、第九がその事件を調査する。結末はちょっとイマイチだったけど、映画のペイスや始まりと途中のストーリーは最高だった。邦画が好きなら、見て楽しめると思いますよ
ホルル

ホルルの感想・評価

2.4
長いだけ
原作レイプものでしたな!乙です!
INOKMN

INOKMNの感想・評価

4.0
刺激強すぎた。

生田斗真と松坂桃李のシーン心臓ギュってなった。丘みたいなところで話すシーン幻想的すぎた。
>|