daiyuuki

母と暮せばのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

母と暮せば(2015年製作の映画)
5.0
「母さんは諦めが悪いから、なかなか出てこられなかったんだよ」
1948年8月9日、長崎。助産婦をして暮らす伸子(吉永小百合)の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二(二宮和也)がひょっこり表れた。その日、浩二の墓の前で「あの子は一瞬の間に消えてしまった。もう諦める」と言ったばかりだったのだ。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになった。二人は楽しかった思い出話に花を咲かせるが、浩二の一番の気がかりは浩二の恋人・町子(黒木華)のことだった。クラシック音楽が好きで周りの人を笑わせ楽しませる優しい若者だがどうしても母や恋人への未練から自分の死を受け入れられず葛藤する浩二を演じる二宮和也、最愛の息子・浩二の死を受け入れられず苦しむ伸子を演じる吉永小百合、恋人・浩二の死を受け入れられず立ち往生してしまう町子を演じる黒木華の丁寧でナチュラルな演技、最愛の息子・浩二と伸子の強い母子の絆を物語るユーモラスなエピソードの数々(運動会の時に撮った写真が原因でスパイと疑われた浩二を救うべく憲兵の指令部に怒鳴り込み浩二を救った後、浩二と伸子が長崎ちゃんぽんを食べた時に伸子が号泣し過ぎて鼻水を長崎ちゃんぽんに落とし浩二がその長崎ちゃんぽんを食べなきゃならなかったエピソードなど)、最愛の人の死をどのように受け入れ新たな一歩を踏み出すかという葛藤と突然戦争に肉親を奪われた悲しみそして生き残った人の心に消えない傷を残す戦争への怒りを押し付けがましくなく描ききった反戦映画の傑作です。