シノ

母と暮せばのシノのレビュー・感想・評価

母と暮せば(2015年製作の映画)
4.2
 母の役は、吉永小百合でないとダメだった。吉永小百合で正解だと思う。いくつになっても本当にかわいらしい。
 伸子と町子がする浩二のこと忘れるとか忘れないとうい会話を何回するんだ、と思ったがそれ以外は難しいテーマであるがくすっと笑えるシーンもあってバランスが良かった。
 浩二と町子が浩二の自室で過ごすシーンは、二人の愛が、現在よくある恋愛関係よりも純粋で、むき出しとでも言おうか、だけど積極的で素敵だった。
 結末は賛否両論となるだろうが、わたしは好き。きっとお母さんは幸せで、浩二も幸せだろう。全くモヤモヤとした感情のない純粋な幸せなどこの世には存在しないだろう。誰もが自分や誰か、モノを犠牲にして、それでも誰かのためになるのならとやってきて自分を擦り減らした過程があるのが「幸せ」になるのだと思う。

追記
日本アカデミー賞最優秀主演男優賞受賞おめでとうございます。