べ

の感想・レビュー

母と暮せば(2015年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます。

祖母の付き添いで見に行きました。
吉永小百合さんはいくつになっても美しく演技力に衰えがありませんが、それに負けない二宮さんの演技力に脱帽しました。
冒頭の原爆が落とされるシーンと、中盤の、兄が夢枕で母に会いに来ていたシーンがとても怖く、映画館で身震いしたのを覚えています。
実は息子は母を迎えに来ていた、というラストには少し笑ってしまいましたが、死んでしまった息子と、今を生きている彼女と母親、という構図とそこから広がる話に終始涙が止まらず、周りからもすすり泣く声がしてました。
戦争の事を知るきっかけ、そして改めて戦争について考えるきっかけになればと思います。