骨法十か条

骨法十か条の感想・レビュー

母と暮せば(2015年製作の映画)
2.0

このレビューはネタバレを含みます。

 長崎の原爆投下で息子さんが亡くなって、その3年後に幽霊となった息子さんが母親の前に現れる話。
 
 息子の物語ではなく、残された母親の話になっていて、タイトルが微妙にあっていないかと映画を見ていて終始感じてしまいました。冒頭の息子が生きているときは白黒で描いて、そこで恐ろしい原爆シーンも迫力あってよかったです。フィルムが溶ける描写はあまり見たことなくて新鮮でした。

 けど本編に入ってからは終始退屈に感じてしまう内容でした。幽霊の描写が映像表現が発達したからかファンタジー色が強くて見ていてむなしくなりました。【父と暮せば】では原作の舞台の演出を活かしたかのような暗闇からそっと出てきたりする描写だったのに発達しているがゆえに安っぽく見えてしまいました。

 お兄さんの亡霊が夢枕に立つというシーンも怖いシーンだったですが、結局何の意味があったのかわからなかったりと、息子さんの残された婚約者が新しい恋人を作るのが嫌だと悩むけど、結局彼女の幸せを願うために新しい恋人を許すという気持ちになって、その婚約者が新しい恋人を連れてきてあいさつに来た時に、幽霊の息子はどういうリアクションをするのだろう? と見ていると幽霊は映画館に行ってその場にいないというのは一体どういうことなんだろう? と首をかしげてしまいました。

 ただの親子の映画ではなく、もっと原爆にやられた人の苦しさ悲しさ怒りや家族を奪われた人の気持ちを見せてくれる反戦映画として見てみたかったです。

 明らかに黒木和雄監督の【父と暮せば】の対となっている作品でそちらと比べてしまって【父と暮せば】が傑作なのを再確認してしまう残念な映画でした。