夢一路

母と暮せばの夢一路のレビュー・感想・評価

母と暮せば(2015年製作の映画)
3.7
とても切ない気持ちになった。原爆の悲惨さをメインに描いた作品とは一線を画している。むしろ、人の一生と親子愛、家族愛というものを、戦後復興期の時代背景のなかで描いてあることで、現在の社会では忘れてしまっている様な大切な何かを、人それぞれに思い出させてくれる…そんな作品。