えりえり

母と暮せばのえりえりのレビュー・感想・評価

母と暮せば(2015年製作の映画)
3.0
最初の原爆投下のシーン、演出が凄くてとても怖かった。原爆の恐ろしさや無慈悲さは、冒頭の数シーンで伝わりました。グロさとかはないんだけど、今まで見てきた原爆のシーンの中でも一番、、、

二宮の演技が素晴らしく、おちゃらけてお喋りなんだけど、泣くことも沢山あって、本当は殺されてすっごく悔しいってのが伝わる。
いろいろツッコどころもあったけど、最後のシーンで一人じゃないってのは、何よりの救いだと思いました。