母と暮せばの作品情報・感想・評価 - 113ページ目

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

試写会 一ッ橋ホール

初めて山田洋次作品を映画で観た。
撮影なのか、照明なのかわからないけど、すっごく印影がしっかりしてて、暗部と明部のコントラストが凄い綺麗だった。

山田洋次作品お馴染みの吉永小百合さん、橋爪功さん、「小さいお家」に引き続き黒木華さん、そしてアイドルとしてはもちろん、「青い炎」の時から演技の面でも逸脱していた二宮くん。
いつもながら豪華な顔触れに余すことなく描かれている脚本と演出。
これが山田洋次です。
涙を流すお客さんも多かったけど、クスッと笑える場面が多く、ニコニコしながら観ることの出来る作品でした。
miharu

miharuの感想・評価

3.6
友達が誘ってくれて人生初めて
試写会に行ってきました。

新しい視点からの戦争映画かなと思いました。直接戦闘のシーンは描かれていなかったけど、戦死したお兄さんや片脚の先生の話などが出てくる度に戦争の影が過る
原爆が落ちた瞬間が刹那的で、衝撃的で、一瞬美しいと思ってしまった。

ストーリーは戦争中の日本の暗さ、、というか傷の痛みというか、生き残った人々の悲しみというか。ラストは切なかったけれどじんわりあったかくなった。、、けど個人的にあの終わり方は「、、?笑」
会場は終始暖かな笑いが起きてて、上海のおじさんがいい味出してました。 二宮さんも!!方言かわいかったなぁ。黒木華さん、少しだったけど浅野さん、映画の雰囲気にぴったりでした。

気合い入れて書こうと思ったのにまとまらない!(笑)けど観れてよかったです。
YuK

YuKの感想・評価

3.0
息子が現れた理由てなんだったのかな
最初の原爆のシーンは印象的だった
kiyomickey

kiyomickeyの感想・評価

3.2
試写会見てきました。
山田洋次監督は有名で知ってますが、振り返ってみると1本も見たことがなかった。

悪い意味ではなく、古い映画の撮り方なのかなと思った。
長回しで台詞も多い。
CGふんだんに使ってるようなエンターテイメント重視の映画に見慣れてたから、久しぶりに映画の原点のような素敵な作品が観れました。

2015.11.24 よみうりホール
まさに山田洋次監督の作品だなぁと思いました。
悲しいけど嬉しい、嬉しいけど悲しい複雑な心境になります。死んでしまった人、大切な人を失った人、身内を失った人、残った人を支える人、色々な立場の人の気持ちを感じることができます。
原爆の瞬間のシーンが実際その場にいた時の目線で、今まで話しか聞いていなかった私にもその凄さ、衝撃がどんなものだったのかわかりました。
もう一回じっくり観たいです。
あすか

あすかの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

【1回目】
2015.11.19 試写会(よみうりホールにて)
完成披露試写会よりもはやく一般の人が観れる初めての試写会が当たったので行ってきました。

原爆で死んだ息子が3年後亡霊となって母の元へひょっこり現れるというファンタジー作品。
原爆、戦争がテーマだったのでファンタジーと言ってもとても悲しい作品なのかなと思ってたが、登場人物が魅力的で笑えるところもたくさんあった。
泣いたり笑ったり泣いたり笑ったり泣いたりの繰り返し。
戦争の映画が苦手な人でも観れるような作品だと思う。
また、色んな世代の人に見て感じて戦争や原爆のことについて考えてもらいたいと思う作品でもあった。
ひと足早く観る事が出来て本当にうれしかった。

【2回目】
2015.12.12
初日舞台挨拶のライブビューイング付きの上映を観に行ってきました。
初日舞台挨拶で監督、出演者の方たちの暖かい雰囲気がたくさん伝わってきた。

2回目の母と暮せばだったが、1回目の時よりは泣くのも抑えられて…
試写会の時に泣き腫らして頭も痛くなって大変だったので、今回はきっと体が泣くのは少しにしときなさいと言ったのだと思う。
でも終盤はやはりずっと泣いてた…。

あと今回は劇場内に笑ってはいけないのではというような空気が漂っていて、試写会ではすごく笑い声がたくさんだったシーンも静かな時が多かった。
ちょっと残念…。

2回観て改めて思ったが、舞台的な演出が多いので舞台でも観たかったなと。
そして浩二の表情がとても好きだなと。

で・・・エンドロールの映像がとても怖いです・・・
1回目も思ったけど、改めて怖くて怖くて。
後他のレビューにもあったが所々のCGがあまり良い印象ではない。
原爆が落ちるところはすごくこだわってるのもメイキング観て知っていたしすごいと思ったが、他を雑にしすぎてる気がした・・・。
指揮してるシーンも好きじゃない・・・。
また回想シーン、普通に撮って欲しかった。歌うところとか・・・ちょっと違和感が。

【3回目】
2015.12.17

【4回目】
2016.01.25
丸の内ピカデリー フィルム上映
久々のフィルムで観ることが出来て良かった。フィルムによる画の柔らかさ、優しさが好き。


【余談】
何度追記するんだと思われそうだけど、きっともう読んでる人もいないでしょう!だから良しとしよう!!

二宮和也さんがこの作品でキネマ旬報ベスト・テン主演男優賞、日本アカデミー賞優秀主演男優賞に授賞(;_;)!
私は二宮さんの一ファンなのでもう本当にこんな嬉しいことは他にはないと思うことなのですが……私はこの作品での演技のほんの2セリフなのですがあまり好きではない箇所がありました。
あるセリフ2箇所のイントネーションがとても不自然に思えてしまって。どうしてもそのシーンを見る時はああ…と思ってしまいます……。
山田洋次監督の指導なのか、二宮さんの演技が変わったのか。私には分からない事ですが、本当にそこだけが少し残念でした。
けど、2人の親子の雰囲気や優しい表情。たくさん笑う姿。涙する姿。どれも本当に素敵でした。その不自然に思ってしまうシーンを除くと大好きな演技がたくさん詰まっています。
授賞、本当におめでとうございます。