母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・レビュー

    Sakiko
    Sakikoの感想・レビュー
    5日
    3.1
    映画館で見ると小津さん的な構図とか美しさとか間とかそういうのも楽しめたのかな。
    すずき
    すずきの感想・レビュー
    6日
    -
    オーバーな話し方がハマらなくて途中で断念してしまった。。吉永小百合と黒木華を最後までみたかった。
    禊
    の感想・レビュー
    2017/03/18
    2.5
    CMとのギャップが酷い
    ゆた
    ゆたの感想・レビュー
    2017/03/18
    4.1
    記録
    Tetsudash
    Tetsudashの感想・レビュー
    2017/03/17
    2.5
    うーん。こんなもんかな?
    Mina:)
    Mina:)の感想・レビュー
    2017/03/16
    3.5
    ニノが主演男優賞取った作品!
    だけど硫黄島の方がうまかったかなー
    まだ学生やるかって思ったけど似合っちゃう笑
    吉永小百合は本当に綺麗でおしとやかで素敵。
    黒木華もうまいなあて思った
    あと本田望結ちゃん良かった
    最初に子どもにニノが見えたから他の人にも見えるんだって思ったけど、透明になってレコード浮いてたり、結局は吉永小百合が作り上げたのか本当に現れたのかがわからなかった
    最後の天国いらなかったなー
    レトロ
    レトロの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.0
    原爆により骨さえも見つからずに、突然いなくなってしまった息子
    それを受け入れない母親の姿は、誰の母親でもそういう感情になるであろう
    そして3年後、急に息子が現れた時は、信じられない反面嬉しさがにじみ出る
    一連の母親としての感情の表現は、さすがはベテランの吉永小百合、感服しました
    息子が生きていた時の回想話は、時にうるっとさせてくれる
    ラストは悲しい場面なのだが、良かったなぁ~と思える素晴らしい構成になっているので、心が洗われました
    saba
    sabaの感想・レビュー
    2017/03/15
    5.0
    わたしは号泣したけど
    ばあちゃんは泣いてなかった