母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・レビュー

    とまこ
    とまこの感想・レビュー
    2017/04/09
    3.8
    記録
    ム
    の感想・レビュー
    2017/04/09
    3.5
    記録。
    Uske
    Uskeの感想・レビュー
    2017/04/06
    3.7
    長崎への原爆投下で命を落とした青年(二宮和也)が、三年後の命日に母(吉永小百合)の元に幽霊となって現れる。

    まあその時点で現実味のある話ではないが、そこまでの情報しかなかったので、どういうストーリー展開になるのかを楽しみにしていた。

    映画の大部分は母と息子(幽霊)との会話で、その会話内容についてなんとなく違和感を覚えたが、核心の部分に触れるまでが長いのでそう感じたのかもしれない。(或いは単に長ゼリフが多かったからか。)

    また、ときおり映画ではなく舞台演劇を観ているような感覚に陥った。

    でも、泣かせる場面も多かった。特に本田望結の場面と黒木華の報告の場面(の吉永小百合)はかなりグッときた。

    途中から、どういうラストになるのかばかり気になっていたが、息子の幽霊と母が主役のストーリーなので、まあこういうラストもアリなのかなと思えた。
    Nuunu
    Nuunuの感想・レビュー
    2017/04/06
    3.0
    最近母を亡くしました。胸をはって言えるほど、世界で1番大切な人でした。
    きっと子供を亡くすのは、想像もできないくらい辛く、暗く、悲しいと思います。特に戦争中は"名誉の"なんて言葉で包み隠され、でも"死は死"です。死に方なんて関係ないのだと思います。
    母に会いたいです。話がしたいです。
    ひのるな
    ひのるなの感想・レビュー
    2017/04/05
    4.0

    登場人物たちが、可愛らしく愛おしくなる映画です。戦争によって奪われた未来や過去に思いを馳せるところは、ちくっと胸にきますが、穏やかで素敵な映画だと思います。いい意味でも悪い意味でも、「山田洋次作品だわ」と思う映画です。

    そして、なによりも、黒木華さんが素晴らしく可愛らしい映画です。可愛いではなく、可愛らしいがしっくりきます。
    まっぴ
    まっぴの感想・レビュー
    2017/04/05
    4.5
    知り合いにオススメされたので観賞。

    ニノの青年の演技が上手い。本当に上手い。
    母役の吉永小百合さんの健気な姿。後半はどんなに頑張っても涙が止まりませんでした。
    とまぴゅー
    とまぴゅーの感想・レビュー
    2017/04/04
    3.0
    ほぼワンシチュエーションでずっと会話しかないので、途中から作業しながら聞いていたけど、そうした方が不思議と話の内容が頭に入ってきた。
    個人的にはメイン二人より黒木華が良かった。
    エンディングはあまり好きじゃないかも。
    あと方言も多分おかしい。わざと訛りがきついようなイントネーションにしてるけど、実際九州の上側はそんなに訛ってないよなぁ。
    さ子
    さ子の感想・レビュー
    2017/04/04
    3.1
    黒木華ってなんでこんなにも古風な役が似合うんだろう。

    二宮和也は何歳まで学ランが似合うんだろう。
    km
    kmの感想・レビュー
    2017/04/03
    3.6
    心温まった
    ゆるい
    まゆ
    まゆの感想・レビュー
    2017/04/02
    2.7
    記録