母と暮せばの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

とぅん

とぅんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

長崎が舞台なので地元民は感情移入がしやすい映画だと思います。ラストは納得いくけど、戦後支えてくれる人たちも周りにはたくさんいたのに、現実には未練を感じず息子がいる世界へ逝ってしまうなんてやっぱり寂しすぎると思います。
eri

eriの感想・評価

4.0
戦時中ひとりひとりに物語があるんだなーと、当たり前ながら思う。そして残された人にも。
切なくて、でも少し温かくて涙が止まりませんでした。
nanae

nanaeの感想・評価

3.4
母さんのおむすびが一番かっこよかとさ~。正三角形で角がピシッと立っとって。
鼻水入りのちゃんぽん。うまか~
おらんとは思うよ?おらんとは思うよ?
でクスッと来た。浩二のキャラクターは好き!

死んだ浩二の登場シーンはビビった。笑
やつれていく母と三年前と変わらない死んだ息子。距離が少しずつ近づいていく様は良かった。
黒木華が可愛かったのと、学生時代の二人の回想シーンは好き。
ニノの横顔は常に美しかった。笑

「可哀想に」というセリフが多かった。
随所で思わず泣いてしまったけど、あまり好きでなかったのは、ホラー映画かと思うような演出、宗教臭さ、音の付け方
そして突然の合唱シーンには唖然とした。笑
黒木華の女学生時代がめっちゃかわいい。
エンディングの映像は天国なのかな?ないほうがよかった…
べっち

べっちの感想・評価

3.0
長崎の原爆の話を見るたび思うけど雲が覆ってなくて目視できとったら小倉に…って思うとぞっとする。この映画のエンディングくらいぞっとする
マルコ

マルコの感想・評価

3.6
原爆の悲惨さが感じられた
ストーリー的には、そこまで緩急はないがクライマックスは悲しくも幸せそうな終わり方
【ストーリー】
原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。
nakaharu

nakaharuの感想・評価

2.4
物語に上がり下がりがあまりなくて、唐突に終わった感じがした。最後の演出も個人的には好きでない。でも、原爆の残酷さを他とは違った視点から描いていた点が良かった。
意外にもすごくよかった。変テコだし幽霊だし宗教映画だし。好き
AKE

AKEの感想・評価

3.6
やっと観たかったこれ観られた!

ニノってやっぱり演技が上手い。アイドルっていう色眼鏡でみちゃう所あるけど、それでもやっぱすきな俳優の1人!(本人は自分はアイドルだって言うけどね)

設定としては結構斬新なところがあるのに、無理なく現実感を帯びて物語が入ってくる。残す方も残される方も辛い。
戦争を知らない私にとって大事な映画だって思います。