母と暮せばの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

戦争を色濃く描かなくとも、感じるもの
愛を込めて、人に関わっていく
はるちゃん可愛いな~
ミズキ

ミズキの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジーなんね〜。
二宮くんの感情の起伏には驚きました!

私も死ぬ時は、人に惜しまれるように、
そして、ぽっくり逝きたい。
けん

けんの感想・評価

4.0
映画館で見て2回目の鑑賞
戦争そのものを中心に描くのではなく家族目線で描かれていたので非常に見やすかった。
自分には良い設定だった。
不覚にも涙がこぼれた。
が、いい加減、新しいこともやってほしい。
慎ましい映画。
慎ましくてお行儀が良くてなんだか退屈。
過去ばかり振り返る映画。
そして最後は笑撃のオチ。
感動的なシーンもあるけれど、ずっと湿っぽい。
別に刺激が欲しいわけではないけれど、
これはちょっと。
加藤健一が唯一救いだった。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2016/8/14鑑賞(鑑賞メーターより転載)
原爆で命を失った息子(の霊)が母親のもとに現れ...という、山田洋次・吉永小百合という外しようのない鉄板のコンビなのだが、逆にストレートすぎて道徳の教材的な匂いを感じてしまい、期待していたほどの感動は得られず残念。過ぎた時代を懐かしむ山田テイストの懐古主義はいつも通りなのだが、母親や愛する人への想いの描写が極めてよくある「どこかで見た感」の強いもので強い感情移入が起きなかったのもあるし、息子が出てきたうえでの結末がそれなのか?というのも何か救いようがなくて温かい気持ちになることを阻害してしまう。
55

55の感想・評価

4.0
戦争というものを極力描かないで戦争の恐ろしさを伝えられる映画。W座。
こすぱ

こすぱの感想・評価

4.0
感動した。見終わったあと言葉が出なかった。
昭和(戦争)とファンタジーの組合せってなかなかないと思うからすごく不思議な感覚だったけど良かったです。

ただ、二宮くんの演技のクセが強いんじゃ…
それでも、なんだかほっこりしちゃうのは山田洋次監督ならではだと思いました。

黒木華ちゃんと本田望結ちゃんが、望結ちゃんのお父さんを迎えに行くシーンは印象的で涙が出ました。
chiyoko314

chiyoko314の感想・評価

3.4
涙が出たのは最初の白黒のシーンだけ。

ラストは涙は出なくて、ほっこりとした温かな空気に包まれてる感じ。
よかったね、お母さん。って言ってあげたい。