母と暮せばの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

みや

みやの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1945年8月9日に長崎の原爆で被爆死した青年が、三年後に亡霊となって母親の元に現れるファンタジー物語。

戦争物は嫌い。
でも、この映画は観て、本当に良かった。
素晴らしい。
母親とは生死で別れることも嫌なので、私にとってはこれ以上に無いほど最高のハッピーエンドだった。

ニノも、吉永小百合も、他の役者さんたちも凄い。
方言の魅力を改めて感じた。
夢一路

夢一路の感想・評価

3.7
とても切ない気持ちになった。原爆の悲惨さをメインに描いた作品とは一線を画している。むしろ、人の一生と親子愛、家族愛というものを、戦後復興期の時代背景のなかで描いてあることで、現在の社会では忘れてしまっている様な大切な何かを、人それぞれに思い出させてくれる…そんな作品。
運命?例えば、地震や津波は防ぎようがないから運命だけど、これは防げたことなの。人間が計画して行った大変な悲劇なの。運命じゃないのよ。そう思わん?
サトコ

サトコの感想・評価

2.8
吉永小百合出演の映画ってどれも見分けがつかない。
日本のアカデミー賞選考者側が好きそうな映画だけど、もう飽和してんだよな〜同じようなのもういっぱいあんだよな〜〜
まあ確かにこの作品に関しては、終盤ある意味見て欲しいですが笑

お金稼ぎ&宣伝のほうを重視しすぎて、映画の存在意義、映画独自の表現とメッセージ性、人を楽しませるという大義を忘れてる。生命保険のCMくらいの長さで充分
20代前半にしては戦争を扱うコンテンツに触れてきた方だと思うんですが 最近はリアルな戦争を表現してるものが多いのに対してスゲ〜ファンタジーなのではコレ?? ぬ?終わりの言い方ちょっとホラーっぽくなかった?ええ〜そういうオチかよ〜と
ando

andoの感想・評価

3.5
始めのうちこそ、亡き息子と母親、亡き息子の彼女を中心とした「いい話」かと思っていたけど、終盤一気に怖さを感じさせる「ホラーな」映画だった。
1945年。長崎の原爆で死んだ息子(二宮和也)が幽霊として現れた!
オカン(吉永小百合)は嬉しくてたまらなくて息子とお喋りをする日々を送るのだが…。
というファンタジー映画。
 
終盤,息子から「大丈夫。これからはずっと一緒。だってお母さんはもう…」という言葉が。衝撃の展開。息子がオカンをあの世に連れて行ってしまったのであった。ちょっとしたホラーである。
直接的な戦争描写はほとんどないながらも戦争による陰を描いている。全体的に悲壮感が漂っていた。
ファンタジーならこう,なんというか現世の未練を果たして仲良く成仏する的なストーリーのほうがよかったのではないだろうか。
RaTe

RaTeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全体的には好きだけど最後のシーンのせいで、宗教映画感がいなめない

幽霊になってしまった主人公が、まだ生きている彼女が別の男と結婚するのを知ってしまった時の、描写が好き。
戦争を色濃く描かなくとも、感じるもの
愛を込めて、人に関わっていく
はるちゃん可愛いな~
ミズキ

ミズキの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジーなんね〜。
二宮くんの感情の起伏には驚きました!

私も死ぬ時は、人に惜しまれるように、
そして、ぽっくり逝きたい。