母と暮せばの作品情報・感想・評価

母と暮せば2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:

3.5

あらすじ

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠…

1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

「母と暮せば」に投稿された感想・評価

そぼろ

そぼろの感想・評価

3.0
良い意味で淡々としていて、違った色の戦争映画だと思うけど、やや退屈。
黒木華さんよい...。
maria

mariaの感想・評価

-
特別上映会で鑑賞。不幸な最後ではないけれどなんだかやりきれない気持ちになった。黒木華さんが見た目も演技も本当にきれい。
てて

てての感想・評価

3.4
舞台を観ているような感じの映画だった。
黒木華ちゃんとの回想シーンが好き。
本田望結ちゃんのお父さんを迎えにいく所の演技がすごく良かったと思う。
ラストの謎のエンドロールでサーーッとなってしまったけれど。
あお

あおの感想・評価

3.0
会話が多い。
会話もだし、1人の喋る量がすごい多く感じた。
途中少し飽きてしまったけど、最後は感動というか、悲しいというか…涙が出た。
gumi

gumiの感想・評価

4.0
いわゆるファンタジーといった要素がメインとなっているが、それを自然と受け入れて観ている自分がいました。
亡くなった息子が突然現れ、それに喜びながらも他の人には共感を得られない、実際には亡くなっているという、主人公にしか感じ得ない矛盾や、それを見守る周りの人の虚しさ。
繊細且つ丁寧に描かれた物語、演技や息遣い、世界観を形成する美術・衣装にまで行き届く細やさと緊張感が、画面全体を美しくしているように感じました。
決して派手ではないけど綺麗で透き通った空気感が余韻として残る作品だと思います。
masa

masaの感想・評価

3.9
感動した。
お母さんが何であの子だけ幸せにって最後に本音が出たとこですごく込み上げた。
第二次世界大戦中の母子の話。
原爆投下により、主人公か死んでしまい、その後の母の話で、ちょっと悲しくも見ごたえあり。
家族で見るのがお勧め。