母と暮せば(2015年製作の映画)

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    山田洋次
    脚本
    山田洋次
    平松恵美子
    キャスト
    吉永小百合
    二宮和也
    黒木華
    浅野忠信
    加藤健一
    本田望結
    広岡由里子
    小林稔侍
    辻萬長
    橋爪功
    あらすじ
    1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

    「母と暮せば」に投稿された感想・レビュー

    野原将史
    野原将史の感想・レビュー
    2017/03/13
    2.5
    ストーリーを通して、戦争の悲しみは感じれる。
    でも、幽霊が喋りすぎるのとエンディングに無理があるような…
    Asami
    Asamiの感想・レビュー
    2017/03/13
    3.7
    飛行機で
    母と息子のやり取りが長すぎて2人劇見てるみたいだったけど、後々あの何気ない会話が本当の家族らしさを示す重要な演出だったと呑み込んだ。

    戦後生き残った沢山の人が感じた幸せになって良いのだろうかみたいな想いを乗り越える辛さ。決してハッピーエンドではないんだけど、最後は悲しみの涙じゃなかった。
    yuri
    yuriの感想・レビュー
    2017/03/13
    3.8
    家族に会いたくなった 。

    いつかは… って考えるのが嫌だけど
    ふとした拍子に思ってしまう 。
    いつまでも いつまでも 居てほしい 。

    涙が止まらない 。
    環
    の感想・レビュー
    2017/03/12
    2.8

    このレビューはネタバレを含みます

    何回もポロポロと涙が…

    悲しくて寂しいけど、それでも幸福なラストが痛いほど刺さりました。
    生きている人がやりきれない気持ちをどうにかする手段でしかないのだろうけれど、時代に関わらず、独りで亡くなった皆が、例えばこんな風に旅立ってくれていたらと思ってしまう。
    しろくま
    しろくまの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.8
    涙がボロボロ出た。

    登場人物に感情移入しがちな私はお母さんも浩二さんも町子さんも、それぞれの思いが苦しくて切なくて。戦時中のことはわからないけど、みんな幸せとはいかないんだな。
    JUNICHI
    JUNICHIの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.5
    17/03/12:初鑑賞 WOWOW

    1945年8月9日 午前11時2分、長崎。
    森田
    森田の感想・レビュー
    2017/03/12
    -
    記録
    まつだ
    まつだの感想・レビュー
    2017/03/12
    3.5
    吉永小百合と黒木華のような女性になりたい〜〜〜〜
    mini
    miniの感想・レビュー
    2017/03/10
    3.4
    台詞の言い回しなど 舞台を観ているよう
    これを作った監督の想いは、と メイキングを以前ちらっと見たので
    考えたり
    哀しくて切なくて泣けてくる
    数多の出来事を集めた作品なのだろうな
    吉永小百合の良さが際立つ
    後半はニノも違和感無く とても良かった
    せめてもの幸福感のラストがまた切なくて。
    マチコは自分のこと 責めながら生きて行くのかしら?とか 考えてしまいそう
    はる
    はるの感想・レビュー
    2017/03/10
    -
    📎