yaaa

竜神と朱蓮華/連続ONANIE 乱れっぱなしのyaaaのレビュー・感想・評価

4.0
映画は「娯楽」ということで異論はないが、たまには思いっきりベチョ~と監督の想いに付き合うのもよい。
大抵それはオ○ニー映画と切り捨てられるけど。
この映画にもそんなタイトルついとるなあ~。

90年代冬季オリンピックが来て何かがかわるかもと期待溢れる温泉街を舞台に「殺してやろうか」と出会う人に怒りをぶつけて回る仏壇に飾る造花のセールスマン。
路上の暗さがとても似合う日本の裏、ウラ、怨が満載。
ハネケやトリアーも真っ青。

相手を殺したいんでなくて、本当は自分がこの世から消え去りたいと感じられる。
ピンク映画なんでカラミもあるが欲望に身を任せて現実から逃避するみたいで全くエロくない。

セックスぐらいしかつらい想いを消し去るのができないみたいに。

極楽にいけない主人公が天からも拒絶されて真っ白な雪の荒野を彷徨するさまは文学みたい。

中上健次の「荒神」をもとに瀬々敬久が脚本書いてます。

おもしろくはないが誰にでも苛立ちというのはあるだろう。