みー

ロッジ LODGEのみーのネタバレレビュー・内容・結末

ロッジ LODGE(2014年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

みどり...。
ホラーではなく「都市伝説」だった。

中盤までは、このトリックが上手く伏線がはられていて最後多少なりとも自分で考察できる「救い」があるだろうな、と思い進めて行くが最終的にはほっぽりだしのやつだ...と普段ホラー系映画を観られている方は想像つくであろう。

題材は面白く、ゴス系の女の子が主人公に見られている時は居て見られなくなった途端消えたりし法則があり解けるものだと心をワクワクさせてくれるが、最後まで未解決のまま終わって監督のオナニー映画観せられた感。

正直胸糞悪さ(未解決)をホラーに取り入れたいのなら作り物か自然のものなのか曖昧な心霊映像を観ていて方が気が楽ってものである。これは人にもよるので、こういった映画は私にとって「映画」ではなく「提案」程度にしかならないのであまり好きではない。(こういった世界観もあるよ程度な)

戸棚の見えそうで見えない文字や、首を吊って消えたであろう首吊り縄の後などは良かった。主人公が結婚指輪出して語るシーンはいやお前他の女とセックスしとるがなとしか言えないが...。

ノアは名前からして(ノアの方舟)なにかそこに関連したものがあるのかと思いきや何もなく、ただただ嬲られて外ほっぽり出されただけで残念だった。

自分で勝手にありもしない想像を当てはめるのが好きな人は創作意欲が感化されて楽しめるのではないかな。