トランスフォーマー/最後の騎士王の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

トランスフォーマー/最後の騎士王2017年製作の映画)

Transformers: The Last Knight

上映日:2017年08月04日

製作国:

上映時間:149分

3.6

あらすじ

"人類" と "トランスフォーマーたち” は戦い、オプティマス・プライムは消息を絶った。未来を救う鍵は過去の秘密 ― 地球史から隠し続けられてきたトランスフォーマーの秘密 ― に隠されていた。そして、地球を救うために予想外のチームが組まれる。発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、オプティマス無き後にオートボットのリーダーとなったバンブルビー、英国貴族の謎めいた老人(アンソニー・ホプ…

"人類" と "トランスフォーマーたち” は戦い、オプティマス・プライムは消息を絶った。未来を救う鍵は過去の秘密 ― 地球史から隠し続けられてきたトランスフォーマーの秘密 ― に隠されていた。そして、地球を救うために予想外のチームが組まれる。発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)、オプティマス無き後にオートボットのリーダーとなったバンブルビー、英国貴族の謎めいた老人(アンソニー・ホプキンス)、そして、オクスフォード大学の女教授(ローラ・ハドック)。誰もが一度は変化を起こす為に立ち上がらなければいけない時がある。『トランスフォーマー/最後の騎士王』では追われる者がヒーローになる。そして、ヒーローは悪につく。彼らと人類、生き残るのは果たしてどちらか!?

「トランスフォーマー/最後の騎士王」に投稿された感想・評価

takumi

takumiの感想・評価

3.4
個人的には大好きなシリーズですが、さすがにそろそろ…って感じだった

3あたりからストーリーが崩壊し始めてはいたが、さすがに今作はちょっとひどすぎ。ハリウッド大作おバカ映画をこよなく愛してきたつもりですが、さすがに耐えられなかったです。

肝心のアクションのほうもマンネリ化してきており目新しさがない。新しいキャラもそれなりに出てくるが、それぞれの特徴を大して活かすことなくすぐ殺すし、トランスフォーマー同士の対決はかなり微妙。前作のほうが工夫に溢れていて良かったです。ジョシュ・デュアメルが復帰してくれて人間vsトランスフォーマーのアクションにも期待してたが、そちらも微妙…

今作でマイケル・ベイは降板するそうなので、新しい監督が新たな風を吹かせてくれることを期待してます。バンブルビーはやっぱり魅力的だったので、彼が主人公のスピンオフにも期待してます。
manami

manamiの感想・評価

3.6
オプティマス・プライムがオートボットの故郷、サイバトロン星に戻ってから地球ではトランスフォーマーがたくさん見つかり人間に捕らえられていた。そんな中ケイド・イェーガーはオートボットと共にディセプティコンに対抗し続けていた。あるとき英国紳士バートンに導かれ大学の教授であるヴィヴィアンという女性に出会い、バートンから2人に隠されたとある秘密を明かされる。
オプティマスが地球に帰ってきたとき、彼は創造主に洗脳されていて地球を破壊しようとしさらにバンブルビーまでも殺そうとしてしまう。
ケイドとヴィヴィアンの秘密、トランスフォーマーがなぜ生まれてきたのか、そしてオプティマスはどうなってしまうのか、たくさんの謎が解けるはずです。

今回注目すべきところは、1〜3作目で活躍したレノックス、シモンズがかえってくるところです。さらに途中でケイドが助ける少女イザベラの演技力、かわいさも見どころです。新しくでてくる個性豊かなトランスフォーマーたちもおもしろかったです。

ちなみに4DXで鑑賞しました。常に動いていたりアクションシーンがたくさんあってとても激しく揺れました。
ホーク

ホークの感想・評価

4.0
ちょっと長かったけどね(笑)やっぱりトランスフォーマーは最高なんですよ!メガトロン様もっと破壊大帝して欲しかったー。
まあまあかな?
車になってるシーンが極端に少なかったのが残念だった
ストーリーは聖杯伝説に上手く絡めててなかなか良かった👍
あやと

あやとの感想・評価

4.7
過去作が詰め込み等があったりして
ごちゃごちゃした印象がある作品なのですが

前回の「ロスト・エイジ」で過去作品と繋がりをたってたのですが

この作品で過去すべての作品を繋げて来ていてこの作品から始まる最終章の始まりには十分過ぎる内容となっていました

相変わらずド派手な爆発やCGもふんだんに使われていて飽きがありませんでした
あやめ

あやめの感想・評価

3.7
期待しなかったけど良かった!1、2作目には勝てないけど3、4作目より良いと思う。
Natsumi

Natsumiの感想・評価

4.2
記録用
Yuta

Yutaの感想・評価

3.7
【オプティマス 何してる】

舞台は、アメリカ・イリノイ州シカゴとキューバ・ハバナとイギリス・ロンドンとサイバトロン星。
オプティマスが人類の守護神から破壊神になって世界が終焉する物語。
ケイド・イェーガー役のマーク・ウォールバーグさんは、発明家で娘のテッサは遠い大学に行き地球を救うもまた追われてしまう。
ヴィヴィアン・ウェンブリー役のローラ・ハドックさんは、なかなかいい男が見つからず一生、独身と言われる。でも、ケイドと出会いデートを誘う。
実生活では、夫がサム・クラフリンさんなので美男美女の夫婦です。
イザベラ役のイザベラ・モナーさんは、両親はシカゴでの戦いで亡くなってしまいロボットと共に暮らしていた。男っぽい女性のように見えます。これからは、どういう映画に出演するのか気になります。
スクィークスは、イザベラの友達で可愛いロボット。
エドモンド・バートン役のアンソニー・ホプキンスさんは、カギを握る人で多分、映画では初めて観ました。
コグマンは、エドモンドの執事でキャラがちょっと変わっていて盛大に盛り上げたり魚を捕る時の速さが異常過ぎてびっくりしました。魚雷みたいな動きです。
マーリン役のスタンリー・トゥッチさんは、魔法使いで見逃しそうになりました。
ジミー役のジェロッド・カーマイケルさんは、ケイドの友人ちょっと面白い人。
ウィリアム・レノックス役のジョシュ・デュアメルさんは、帰ってきただけで嬉しかったです。歳を取ってもカッコイイですしまた「トランスフォーマー」シリーズに出演して欲しいです‼︎
シーモア・シモンズ役のジョン・タトゥーロさんは、キューバにいて中盤から出番が無いのでちょっと残念です。
爆破は、場所がアメリカの時、スクィークスがピンチの時、あの爆破は必死に走らないと行けないです。

オートボット
オプティマス・プライムは、サイバトロン星に行きクインテッサに星を守って人類を滅ぼす為に洗脳されてしまう。破壊神の名前では、ネメシス・プライム。
バンブルビーは、オプティマス・プライムが居ない時リーダーだけどちょっと不満の声が届いてます。バラバラになることが出来ていつの間に取得したのかと思います。声が聴けて良かったです。
ドリフトは、色が変わり車はメルセデスになっていた。
クロスヘアーズは、空挺兵でコグマンに指をやられてしまう。
ハウンドは、メガトロン相手に自分から行くとは強いなと思いました。
ホット・ロッドは、フランス訛りで時間を止める技がとても強いです。
ダイナボットは、序盤しか出番なくてもうちょっと出して欲しかった。どこに行ったのかと思う。赤ちゃんみたいな恐竜は懐いてて可愛いです‼︎
ドラゴンストームは、3頭龍でディセプティコンの最後の切り札の敵かと思いました。
ディセプティコン
メガトロンは、顔も武器も一新。デザインは良かったです。あっさり、オプティマスとの戦うシーンが少なかったです。もっと観たかったです。
ドレッドボットは、銀行強盗ばっかりするロボット。どうやってお金奪うの?のか考えてしまう。
バーサーカーは、大量殺人鬼で危険過ぎて許可出来ず。
ニトロ・ゼウスにモホークにオンスロートと危ないロボットだらけです。
クインテッサは、サイバトロン星の創造主。

タイトルがガシャンガシャンじゃなかったけどまだ4作目よりは良かったです。
恐竜やアーサー王の時や戦国時代の時や火山噴火の時に居たり、第一次世界大戦や第二次世界大戦の時にいつも人間たちの後ろにはいつもロボットたちが居た。トランスフォーマー版の歴史の教科書が欲しいです。
オプティマスVSバンブルビーのバトルシーンが短かったのでもうちょっとやって欲しかったですし予告編で流して欲しくなかった。ほんのちょっとだけ流していたらもっと良かったと思います。
ストーンヘンジをあんな風に使ったり映像が綺麗で世界の終焉を感じました。
エンドロールの映像は早いんですけどああいう流し方は嫌です。ある女性が現れ続く。マーク・ウォールバーグさんは、降板するのかレノックス大佐やシモンズは続投するのか分かりません。今のオートボットのメンバーはみんな良いのでもう減らさないで欲しいです‼︎

マイケル・ベイ監督さんの(多分)最後の作品なのでこれからもマイケル・ベイ監督の作品なら観ようと思っています。
Linkin Parkのボーカルのチェスターが亡くなったのは凄く残念です。マイケル・ベイ監督はLinkin Parkのファンだったのでとても悲しいかと思います。まだ居て欲しかったです!

レビューが遅くなりすみませんでした。あと3作品は近日中に出します。
トランスフォーマーシリーズ 第5作目
前作ロストエイジからその後のお話。

やはりまだ個人的にはシャイア・ラブーフの3部作のほうがストーリー的に好みであるが、映像の迫力はこちらのほうがすごい。

もうストーリーなんてどうでもいい。ただ迫力ある映像が見たいという人にオススメ

今作で1番盛り上がったのはオプティマスの顔面クラッシュである。我らがオードボットのリーダー、オプティマス・プライム。またの名を顔面破壊大帝。第1作目から続く彼の顔面クラッシュが健在で良かった。しかも、まさかの6人同時顔面クラッシュ。この上なく素晴らしい。

2018年予定のバンブルビー主役のスピンオフ映画が早く見たい。