ノラネコの呑んで観るシネマ

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションのノラネコの呑んで観るシネマのレビュー・感想・評価

4.7
素晴らしい!
完結編に相応しい傑作。
キャピトルと反乱軍の内戦はますます激化し、スノーを倒す最終決戦がクライマックスかと思いきや、映画は意外な方向へ舵を切る。
「バトロワ」的色物の入口からは、このラストは想像出来なかった。
それにしても、ハリウッド映画の時代感覚の鋭さってなんなんだろう。
本作を観ながら、どうしても今現在の世界が透けて見える気がした。
革命のアイコンである事を受け入れていたカットニスは、なぜ誇り高きテロリストとなったのか。
みな薄々分かっているのだと思うけど、憎しみの蓄積がある程度まで行くと、暴力の連鎖を止める事が出来るのは、圧倒的な暴力しかなくなるとしたら。
寛容の介入する余地はどこに、いつあるのか。
そんな事を考えさせられる作品だ。