nait

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションのnaitのレビュー・感想・評価

3.8
んー、シリーズ完結。
お疲れ様でした。キャスト・スタッフの皆さん。前作では酷評してしまいましたが、完結編はピータを始めとするキャラクター達の前振りが効いていて、なる程と思わされました。

世界中で不穏な空気が流れてる今だからこそ、というと言い過ぎかな。
でも、この作品で言わんとしているのはそこじゃないかと。
戦争に大儀なんかなくて、誰かの思惑とそこで戦う人々の個人的な思いしかない。そこに言及してみせた。
その描かれ方が記号的で予想外とはならないが、逆に言えばブレてないんだよね。

客層も幅広くって驚いた。
いつの間にかそんなシリーズになっていた。カットニスたちはまた駆り出されるのかも知れないが、そんな世の中にならないよう切に願う。