きよみず

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションのきよみずのレビュー・感想・評価

3.5
#264-2015
今回革命に犠牲はつきものだといわんばかりに、レボリューションの名の下に人が次から次へと死んでいく。
情がわいてきたキャラクターでさえ死んでいく。まさに大きなハンガーゲームだった。

2時間ちょっとある本編で一番興奮したのは、政府からの待ち受け攻撃や一作目では行われていたハンガーゲーム生存者のお知らせ。やっぱりこれがあってのハンガーゲームなんだよなあ。
あれだけ沢山の独創的な攻撃を思いつくゲームメイカーのセンスが羨ましいくらい。
ただニュートはちょっといらなかったかな。最近こういう展開多くてまたかってなってしまったし、それに加えあのラストはあまりにもあっけなさすぎて大統領と一緒にハッハッハッハッハって笑ってしまった。見せ方があるだろ、見せ方が!よくよく考えると、革命後の流れがあっけなさすぎて、あの薬の使い所一つにしろまだまだ盛り上げれただろうなあ。

見終わったあとは、特に思い入れもあるわけではないけど、感慨深い物がありました、チャンチャン。