ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションの作品情報・感想・評価

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション2015年製作の映画)

The Hunger Games: Mockingjay - Part 2

上映日:2015年11月20日

製作国:

3.3

あらすじ

カットニス(ジェニファー・ローレンス)率いる第13地区の反乱軍はついに、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)が支配する独裁国家との最終戦争に突入。ゲイル(リアム・ヘムズワース)、フィニック(サム・クラフリン)、そしてピータ(ジョシュ・ハッチャ―ソン)を従え、カットニスは、スノー大統領暗殺作戦を決行。しかし、カットニス抹殺の念に憑りつかれたスノーは、それを見越していたのだった。反乱軍は、死のトラ…

カットニス(ジェニファー・ローレンス)率いる第13地区の反乱軍はついに、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)が支配する独裁国家との最終戦争に突入。ゲイル(リアム・ヘムズワース)、フィニック(サム・クラフリン)、そしてピータ(ジョシュ・ハッチャ―ソン)を従え、カットニスは、スノー大統領暗殺作戦を決行。しかし、カットニス抹殺の念に憑りつかれたスノーは、それを見越していたのだった。反乱軍は、死のトラップ、無数の敵に直面。そして、これまでのどのゲームの戦闘よりも困難で非道徳的な決断を迫られるのだった。 その先には、予想だにしなかった、衝撃的なラストが待ち受けていた・・・。

「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」に投稿された感想・評価

とても良かった。細かい不満はあるけど、シリーズ通して統一されたトーンを貫き、戦争とその発端となる権力、犠牲となる者たちといった決して軽くはないテーマを、カットニスの目線で最後まで描ききったことは評されるべき。

最初は殺し合いゲームメインのように謳われて肩透かし感も大きかったし、相変わらずスケール感掴みにくいし、ギミックは脱力の連続だけど、プロパガンダを受け入れてでも突き進んだカットニスの悲しみと、ようやく手に入れたものに泣ける。最後まで観てよかった。

このシリーズは多分つまんないという人も多いんだろうけど、おれは好きですよ。最後まで見守った者だけが得る達成感と満足感があるので、切って捨てるには惜しいと思います。
なべ

なべの感想・評価

3.7
『ハンガーゲーム』シリーズの総評をさせて頂きます。ともあれ4部作で完結しましたが鑑賞者の評価は様々、賛否両論あります。しかしながら個人的には好きな部類の映画で比較的楽しめました。シリーズ全てを監督した《フランシス・ローレンス》監督の演出する世界観が自分とマッチしていたのかも。と言うのも 様々なミュージシャンのミュージックビデオを手掛けたり、自分が好きな映画『I am legend 』も制作している《フランシス・ローレンス》監督の音楽性との相性もあると思います。作中で味方を増やす為に、はたまた相手を煽る為にスピーチの内容に拘ったり、プロモーションビデオ等を用いて民衆を扇動したり“見せ方”を利用した策略が割と現実的で面白かったです。

もし自分だったらこうしたのに…というのは沢山ありましたが、内容として全体的に気になる部分は少なかったです。思いもよらない所で裏切りや仲間割れがあって面白かったし。
疑問としては「マネシカケス」が反乱軍の象徴とされる意義目的がいまいちよく分からなかった事。内容への不満としては強いて言うなら最後の結末。制作費や制作日数などの都合もあると思いますが、もう少し納得のいく結末を期待していました。

結局平和が1番✨🕊
正味1の方がいい
かんじ

かんじの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

最終話。
フィニックとシナには死んでほしくなかった。

この世界でのカットニスの存在の大きさよ。笑
1作目から思ってたけど、作戦がすごい簡易的すぎる。
今作もフードかぶるだけで乗り込もうとするのは雑すぎるでしょう。
そして政府えぐすぎ。

臨時の政府もえぐかった。笑

まあまあな映画。って感じ。
a

aの感想・評価

4.2
I think this movie had the best actors
べっち

べっちの感想・評価

2.9
四部作!?ラスト作品。日本のアニメに多分に影響を受けてるのでは?と思う展開でした。とは言うものの脇役が魅力的で納得の結末でした。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.0
・15/11/29:TOHOシネマズ川崎【初鑑賞】
Tガシ

Tガシの感想・評価

4.3
とても辛い展開ですが堂々の大団円です。
>|