• Filmarksトップ
  • ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューションの感想・レビュー

ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(2015年製作の映画)

The Hunger Games: Mockingjay - Part 2

上映日:2015年11月20日

製作国:
  • アメリカ
  • 監督
    フランシス・ローレンス
    脚本
    ダニー・ストロング
    ピーター・クレイグ
    キャスト
    ジェニファー・ローレンス
    ジョシュ・ハッチャーソン
    リアム・ヘムズワース
    ウディ・ハレルソン
    エリザベス・バンクス
    ジュリアン・ムーア
    フィリップ・シーモア・ホフマン
    ジェフリー・ライト
    スタンリー・トゥッチ
    ドナルド・サザーランド
    トビー・ジョーンズ
    サム・クラフリン
    ジェナ・マローン
    ナタリー・ドーマー
    エヴァン・ロス
    ロバート・ネッパー
    ミシェル・フォーブス
    エルデン・ヘンソン
    マハーシャラ・アリ
    ウェス・チャサム
    オミッド・アブタヒ
    ジョー・クレスト
    あらすじ
    カットニス(ジェニファー・ローレンス)率いる第13地区の反乱軍はついに、スノー大統領(ドナルド・サザーランド)が支配する独裁国家との最終戦争に突入。ゲイル(リアム・ヘムズワース)、フィニック(サム・クラフリン)、そしてピータ(ジョシュ・ハッチャ―ソン)を従え、カットニスは、スノー大統領暗殺作戦を決行。しかし、カットニス抹殺の念に憑りつかれたスノーは、それを見越していたのだった。反乱軍は、死のトラップ、無数の敵に直面。そして、これまでのどのゲームの戦闘よりも困難で非道徳的な決断を迫られるのだった。 その先には、予想だにしなかった、衝撃的なラストが待ち受けていた・・・。

    「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2015/11/29
    4.0
    とても良かった。細かい不満はあるけど、シリーズ通して統一されたトーンを貫き、戦争とその発端となる権力、犠牲となる者たちといった決して軽くはないテーマを、カットニスの目線で最後まで描ききったことは評されるべき。

    最初は殺し合いゲームメインのように謳われて肩透かし感も大きかったし、相変わらずスケール感掴みにくいし、ギミックは脱力の連続だけど、プロパガンダを受け入れてでも突き進んだカットニスの悲しみと、ようやく手に入れたものに泣ける。最後まで観てよかった。

    このシリーズは多分つまんないという人も多いんだろうけど、おれは好きですよ。最後まで見守った者だけが得る達成感と満足感があるので、切って捨てるには惜しいと思います。
    ag
    agの感想・レビュー
    4日
    3.0
    ジェニファー ローレンスが出てなかったら観てなかったと思う。
    どや
    どやの感想・レビュー
    5日
    3.0
    DVDにて鑑賞。うーん。

    ハンガーゲーム1.2 ファイナルの全部を通しての感想をまとめます。

    そもそも1作目見たときからクソほど長い映画だなという印象が強かった。ハンガーゲーム本番に入るまでに1時間、本番とその後で1時間という作りは、このファイナルに持っていくためのものなんだろうな、というのはなんとなく感じる。それにしてもも少し削れたのではないじゃろか、、、。

    主役のジェニファー・ローレンスの美しさが前作通して変わらなかったのは、見てて飽きなかった要因のひとつ。
    飽きちゃいそうだなと思ったのはやはりアクションシーンの少なさ。ファイナルの1.2に関してはもはや広告制作会社の映画かな?って思うくらいだった。

    自分のような、「ハンガーゲーム」という名前だけあって特に映画通な見方もできないやつにとっては全体的に面白みにかける気がした。

    けど、ラストに向かってのシーンやアクション以外の時間での俳優さんたちの表情や言葉をじっくり見てると、やっぱアクションだけではみせれない苦しさや精一杯足掻いていこうという心情は非常に濃く見えた。ただただ殺し合いの緊張感を味わうための映画、ではなく最初から「戦争」「革命」というテーマを意識してこの映画を観るとより面白かったのかなと思った。
    あづち
    あづちの感想・レビュー
    5日
    2.9

    このレビューはネタバレを含みます

    序盤のカットニスは少女で、最終的にはお母さんにもなるわけだけど成長したねえって言いたくなるv

    レボリューションを観るまでに期間が空きすぎててもう誰を倒すべきで誰が仲間で誰とカットニスがいちゃいちゃしてたのかもわかんねぇ!!って感じで鑑賞。

    最終的にくっつくのはそっちなんだね…なんか…残念…

    この評価にしたのは、どうしてもスノーとカットニスを闘わせて欲しかったから(サシで)

    やっぱ憎むべき標的が決まってて、それに向かって1から突き進んできてるんだから対峙するだけでなく これでお前は終わりだ!! みたいな結末がよかったなぁとか思っちゃいましたw

    あとカットニスちゃん精神的に不安定すぎんだろ、あっちにもこっちにもちゅっちゅしてんじゃないよホント。
    >|