ぐみちょこ

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲のぐみちょこのレビュー・感想・評価

3.5
少女と犬の心温まるストーリー...ではない。
犬が主役の人類を復讐するという犬版猿の惑星的な本作。

中盤〜終盤、犬に対する残虐なシーン、犬が人を殺すシーンも多々あるので苦手な方は要注意。自分も苦手ながら観てしまいましたが...

これをジャンル分けするとなると、ヒューマンドラマならぬドッグドラマ?はたまたスリラー映画?ホラー的な要素もあって少女と犬、というキャッチコピーだけで観てしまうと面食らいます。実際想像していた内容とかなり違っていました。

少女と犬のそれぞれの目線で物語が進み、序盤はこの2人の関係や取り巻く社会情景が描かれますが中盤以降、ハーゲンの逃亡から作品の雰囲気は一変します。
少女の手を離れた先の世界で忍び寄る人間の手はあまりにも冷たく、ついに出会ってはいけない人間に捉えられたハーゲンはどんどん狂犬と化し...。

もうやめてくれ、と叫びたくなるような残虐なシーンが続き、偽物だと分かっていても目を瞑ってしまいました。クライマックスに向けて序盤積み上げたものをこれでもかとどんどん崩壊させていくので中盤以降はずっと辛いし、製作陣はなんでこんな作品を作ったんだ!と途中で言いたくなるんですが、答えは全てラストシーンに集約されます。

「身勝手な人類たちへ」というキャッチコピーも相まり、最後のリリが目線を合わせる姿がすごく良い。引きも圧巻。
その後のことを考えると後味はかなり悪いけれど...解決もしていないし。

見所はなんといっても犬の演技。
わんちゃんが出てくる映画って、101匹わんちゃんだったり心温まるようなものが多く、それこそ犬が喋ったり子供も楽しいほんわかムービーが多い中一線を画しているのが印象的な本作。特に主役のハーゲンは、ペットらしい愛くるしい表情だけでなく歯をむき出して狂犬と化した姿までこなし、犬界の名役者と言っても過言ではないでしょう。

動物と一緒に暮らしている身としては犬に限らず人間と生き物の共存の在り方や、普段目を瞑ってしまいがちな保健所問題を今一度考えさせられる作品でした。
転からの展開は決して好きにはなれなかったし、エンタメとして見ると納得の平均点ではありながら作品として全体を見るとあまり低い点はつけられなかったのでした。ただ、承はダラダラ感があったのでもうちょっとスッキリしてると良かったな〜。