ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(2014年製作の映画)

Fehér Isten/White god

上映日:2015年11月21日

製作国:
  • ハンガリー
  • ドイツ
  • スウェーデン
  • / 上映時間:119分
    監督
    コーネル・ムンドルッツォ
    脚本
    コーネル・ムンドルッツォ
    キャスト
    ジョーフィア・プショッタ
    シャーンドル・ジョーテール
    あらすじ
    多感な少女リリは13歳にして自分を取り巻く世界に疑問を抱いていた。両親は離婚し、学校で所属するオーケストラでは問題児扱いされている。 どこにも居場所がないリリの心のよりどころは賢くて素直な飼い犬のハーゲンだけだった。 そんなある日、リリは数日間、折り合いの悪い父親のもとに預けられることになった。久々に対面したこの日も、 父親はアパートに連れ込んだハーゲンのことが煩わしくてしょうがない。最近、この国では雑種犬の飼い主に重い税を課す新たな法律が施行されていた。 当局からの税金の催促と、リリの反抗的な態度に怒った父親は、高架下にハーゲンを置き去りにしてしまう。 「必ず迎えに来るから!」と涙するリリ。これが少女と犬の長く壮絶な受難の日々の始まりだった。 リリはいっそう孤立感に打ちひしがれ、必死にハーゲンを捜し続けていた。途方に暮れて犬の保護施設をも訪れるが見つけられない。 ハーゲンは執拗な野犬狩りを行う当局に追われ迷い込んだ路地でホームレスに拾われ、野犬ブローカーに売り飛ばされてしまう。 安全な場所で穏やかに育ってきたハーゲンにとって、行く手に広がるのは恐ろしいほど無秩序な世界だった。 流浪の果てに裏社会の闘犬場へと駆り出され、獰猛な野生に目覚める。 やがてハーゲンは、虐げられてきた犬の群れを率いて人類への反乱を引き起こすのだった……。

    「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に投稿された感想・評価

    捨てられた犬が、敵意に遭遇し試練に耐えて取り戻す野生の本能。犬軍団を従え人間たちに牙を剥く姿は壮絶。一方で愛犬を捨てられた少女のやさぐれながら知る父の思い。二者の見失った愛情と保護犬という社会問題を悲しき反乱の物語を通して描く。

    気弱だったペットが虐待した人間に立ち向かう反逆が熱く「犬版・猿の惑星」の異名も伊達じゃない。冒頭を始め画的に素晴らしいシーンも多く、テンポが良いわけではないけど犬たちの疾走感による興奮度も高い。これがノーCGとは驚愕。ラストショットに震える。
    ペットを飼っていない僕でも(そういうことは全く関係ないのかもしれませんが)精神的に辛くなるシーンが多々あり、なかには目を背けたくなるものもありました。ただそれはこの映画を犬側の立場に偏って見るか、それとも人間側に偏って見るかで印象は違ってくるかもしれません。

    おそらく、というか当然、犬は何かしらのメタファーになっているんだと思いますが、例えばそれがなんであれ現実社会のなかで蔑まれているモノでしょう。あと、雑種犬を飼っている人は重税を課せられるという設定ですが、犬自体は税金の負担は無く、犬を抱えている人が税金を多く払わなければならないことは、先進国が抱える問題(例えば移民)を示唆しているのではないでしょうか。飽くまでひとつの見方として。

    本作は良い映画と呼ばれるにふさわしい1本だと思うんですけれど、編集でジャンプしているように感じるところが何箇所かあったので、個人的にどうもそれが許しがたく、点数を下げてしまう大きな要因になっています。
    これはかなりの良作。良くも悪くも犬の忠誠心は凄い。天使にするも悪魔にするも人間次第といったところか。
    以前、シネマカリテにて

    思いっきり窓口で「ホワイトドッグ一枚」と言ってしまった恥ずかしい思い出が…😱😅😅

    犬版猿の惑星、そんな感じ
    雑種の犬に重税が科される世界
    雑種の犬は施設か裏世界(闘犬場)へ
    普通に生きたい怒る犬達が人を襲いブタペストの街中を走り回る
    ラストシーンの「通報しますか?」「暫く時間をあげよう…」のセリフを聞いて、犬達への理解というよりこの後取り締まり厳しくなるんだろうな、と思った
    騒動が起きると、理解するよりより管理体制強化する
    それって今のテロに対する空気感に近い、と思った
    犬が人間たちに復讐していくお話。とりあえず副題がありえへん。誰がつけたんや(笑)

    動物を扱う映画はハリウッド!と思ってたけどそれを覆すお犬様の演技でハンガリー映画もスゲーなって。ハーゲン(マックス)は素晴らしい。
    誰彼構わず襲うのかと思ったら自分達に関与した人間だけに引導を渡していくのね。てっきりパニック映画になるのかと途中から思ったけど若干違った。人間どもが調子に乗りやがって!とお犬様たちの怒りが頂点に達するラストランは見応えあり。
    映画としてはビミョー。『ターナー&フーチ』みたいな映画の方が好きやで。

    何か親父の娘を見る目に性的なものを感じてキモかった。
    全世界 犬に対する意思表示は大切だと感じる作品でした。
    .
    飼ってるからには"しつけ”をしっかりやらないとダメ。
    .
    日本は犬など含めても狂犬病とかないんだって。
    .
    でも世界を見回したらほとんどあるみたい。
    .
    この作品コレからありえると感じた。。
    実話でないにしても、捨てられた犬の現実を知れるという意味で多くの人が観るべきだとおもう。でも、2度と観たくない。辛すぎる。
    犬の演技がすごい!
    特にメインのハーゲンの演技が凄かった。ハーゲンとマックスの2つの人格ならぬ犬格が見事に演じ分けられていて、物凄く驚きました。

    カンヌある視点賞なのも間違いなくて、犬たちが酷い仕打ちをする人間たちに復讐をするって、コンセプトかなり面白い。でも凄くリアルで恐ろしかった。ヒッチコック、鳥にも似通うものがありました。迫力が凄かった。

    250匹の犬たちが出演したそうですが全て施設に預けられた犬が演技をしたらしく。加えて出演した犬全てに上映後引き取り手が付いたそうな。

    人間が決して偉いわけではないのに他の生き物に対して理不尽な事をする。常に忘れてはいけない事です。何様か
    ドッグミーツガール。人間の醜さだけを嫌というほど見せつけてくる犬好きには結構な胸糞映画だろうとおもう。街中を疾走する数百匹の犬と逃げ惑う人間。
    >|