ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲の作品情報・感想・評価

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲2014年製作の映画)

Fehér Isten/White god

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:119分

3.3

あらすじ

多感な少女リリは13歳にして自分を取り巻く世界に疑問を抱いていた。両親は離婚し、学校で所属するオーケストラでは問題児扱いされている。 どこにも居場所がないリリの心のよりどころは賢くて素直な飼い犬のハーゲンだけだった。 そんなある日、リリは数日間、折り合いの悪い父親のもとに預けられることになった。久々に対面したこの日も、 父親はアパートに連れ込んだハーゲンのことが煩わしくてしょうがない。最近、こ…

多感な少女リリは13歳にして自分を取り巻く世界に疑問を抱いていた。両親は離婚し、学校で所属するオーケストラでは問題児扱いされている。 どこにも居場所がないリリの心のよりどころは賢くて素直な飼い犬のハーゲンだけだった。 そんなある日、リリは数日間、折り合いの悪い父親のもとに預けられることになった。久々に対面したこの日も、 父親はアパートに連れ込んだハーゲンのことが煩わしくてしょうがない。最近、この国では雑種犬の飼い主に重い税を課す新たな法律が施行されていた。 当局からの税金の催促と、リリの反抗的な態度に怒った父親は、高架下にハーゲンを置き去りにしてしまう。 「必ず迎えに来るから!」と涙するリリ。これが少女と犬の長く壮絶な受難の日々の始まりだった。 リリはいっそう孤立感に打ちひしがれ、必死にハーゲンを捜し続けていた。途方に暮れて犬の保護施設をも訪れるが見つけられない。 ハーゲンは執拗な野犬狩りを行う当局に追われ迷い込んだ路地でホームレスに拾われ、野犬ブローカーに売り飛ばされてしまう。 安全な場所で穏やかに育ってきたハーゲンにとって、行く手に広がるのは恐ろしいほど無秩序な世界だった。 流浪の果てに裏社会の闘犬場へと駆り出され、獰猛な野生に目覚める。 やがてハーゲンは、虐げられてきた犬の群れを率いて人類への反乱を引き起こすのだった……。

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に投稿された感想・評価

捨てられた犬が、敵意に遭遇し試練に耐えて取り戻す野生の本能。犬軍団を従え人間たちに牙を剥く姿は壮絶。一方で愛犬を捨てられた少女のやさぐれながら知る父の思い。二者の見失った愛情と保護犬という社会問題を悲しき反乱の物語を通して描く。

気弱だったペットが虐待した人間に立ち向かう反逆が熱く「犬版・猿の惑星」の異名も伊達じゃない。冒頭を始め画的に素晴らしいシーンも多く、テンポが良いわけではないけど犬たちの疾走感による興奮度も高い。これがノーCGとは驚愕。ラストショットに震える。
ハルカ

ハルカの感想・評価

3.0
犬って、喋らないのに何で感情がわかるんだろ
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
いやいや、愛犬家にとってはいろいろと身に詰まされる内容ではあったが…なるほど、ラプソディーに犬版“猿の惑星”ってのには納得。
まぁ、ツッコミどころはそれなりにあれど、人間のペットに対する姿勢は考えねばならないだろう…傲慢さはやがて自分に帰って来る。
ラストは甘いってな批判もあるだろうが、犬好きにはたまらなく、涙腺もちょっと刺激された。
しかし、大挙する犬達の映像等…見応えもあります。
NY

NYの感想・評価

3.0
犬の演技はとにかく凄い。
必見。
特に、怒ったときの顔にどうやってさせたんだろう?と思わせる位の迫力。
ストーリーは、正直いまひとつ。
犬の演技を見ているだけの方が面白いかも。特にラストは物足りない。
生き物、犬を大切に。
アートワークにもなってる犬だらけの画は圧巻。
2017.07.31
#849
ハーゲンの牙剥いた顔、めっちゃ怖い。
Daichi

Daichiの感想・評価

3.6
いぬのきもち

野良犬を見る目が変わる。
>|