ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲の作品情報・感想・評価

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲2014年製作の映画)

Fehér Isten/White god

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:119分

3.3

あらすじ

多感な少女リリは13歳にして自分を取り巻く世界に疑問を抱いていた。両親は離婚し、学校で所属するオーケストラでは問題児扱いされている。 どこにも居場所がないリリの心のよりどころは賢くて素直な飼い犬のハーゲンだけだった。 そんなある日、リリは数日間、折り合いの悪い父親のもとに預けられることになった。久々に対面したこの日も、 父親はアパートに連れ込んだハーゲンのことが煩わしくてしょうがない。最近、こ…

多感な少女リリは13歳にして自分を取り巻く世界に疑問を抱いていた。両親は離婚し、学校で所属するオーケストラでは問題児扱いされている。 どこにも居場所がないリリの心のよりどころは賢くて素直な飼い犬のハーゲンだけだった。 そんなある日、リリは数日間、折り合いの悪い父親のもとに預けられることになった。久々に対面したこの日も、 父親はアパートに連れ込んだハーゲンのことが煩わしくてしょうがない。最近、この国では雑種犬の飼い主に重い税を課す新たな法律が施行されていた。 当局からの税金の催促と、リリの反抗的な態度に怒った父親は、高架下にハーゲンを置き去りにしてしまう。 「必ず迎えに来るから!」と涙するリリ。これが少女と犬の長く壮絶な受難の日々の始まりだった。 リリはいっそう孤立感に打ちひしがれ、必死にハーゲンを捜し続けていた。途方に暮れて犬の保護施設をも訪れるが見つけられない。 ハーゲンは執拗な野犬狩りを行う当局に追われ迷い込んだ路地でホームレスに拾われ、野犬ブローカーに売り飛ばされてしまう。 安全な場所で穏やかに育ってきたハーゲンにとって、行く手に広がるのは恐ろしいほど無秩序な世界だった。 流浪の果てに裏社会の闘犬場へと駆り出され、獰猛な野生に目覚める。 やがてハーゲンは、虐げられてきた犬の群れを率いて人類への反乱を引き起こすのだった……。

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に投稿された感想・評価

捨てられた犬が、敵意に遭遇し試練に耐えて取り戻す野生の本能。犬軍団を従え人間たちに牙を剥く姿は壮絶。一方で愛犬を捨てられた少女のやさぐれながら知る父の思い。二者の見失った愛情と保護犬という社会問題を悲しき反乱の物語を通して描く。

気弱だったペットが虐待した人間に立ち向かう反逆が熱く「犬版・猿の惑星」の異名も伊達じゃない。冒頭を始め画的に素晴らしいシーンも多く、テンポが良いわけではないけど犬たちの疾走感による興奮度も高い。これがノーCGとは驚愕。ラストショットに震える。
犬を飼ったことがないので、飼い犬と飼い主の気持ちはわからないが、簡単に犬を捨てる父親もクズだが、主人公の少女も本当に犬のことを愛おしく思っているのかわからなかった。人間の勝手な行動に振り回させる犬達が可哀想な映画だった。
mariko

marikoの感想・評価

-
『WHITE GOD』
人間に捨てられたり、暴力を振るわれたり理不尽にされた犬たちの復讐劇。
.
うちには家族として犬がいたから終始切なくて辛かった。けど、そう思うのも人間の傲慢さかもしれない。
出演した犬たちは、ほとんどのこが実際に保護犬で撮影後みんな新しい家族の元へ行ったそうな。
映画に出たスター犬を飼いたい!って殺到したらしいけど、それもどうかと思う...みんな今でも幸せかな...
.
ちなみにCGなど一切なしなので、ある意味ドキュメンタリー映画かもしれない。迫力が凄い。
.
リリとハーゲンまた一緒になれてよかった。
kunie

kunieの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

雑種犬には税金がかかるという意味不明な法律で捨てられたハーゲンが辛い。
少女も大事な愛犬と離れて辛かっただろうけど、もっと方法があったんじゃないの?って思っちゃう。
とにかく動物好きには辛い内容が続くけど、後半の犬達の暴れっぷりにはスカッとする。
犬達の演技が素晴らしすぎて感動します。でも、最後はどうなるのか気になっちゃってモヤモヤしました。
marumame

marumameの感想・評価

1.5
観ててイラッとした💢犬かわいそすぎ!!犬もくっつけて安易に父親のとこに預けた母親もアホだし、税金払えないからって簡単に犬捨てる父親もアホ。
捨てられた犬の行く末を結末の展開にもっていきたいが為の残酷さにもヘドがでるわ。
サバ

サバの感想・評価

3.2
動物好きの人は見ちゃダメ。
前半は、辛すぎる。

心を奮い立たせてレビューを書くと、
ハーゲンの相方のワンちゃんが超可愛い❤️
やっぱり犬は、賢く従順なんだな、演技力抜群です。
リリも可愛い。
最後のリリがトランペットを吹き、犬達が伏せて聴いているシーンは、😭
タビ

タビの感想・評価

3.5
動物好きには、辛すぎ、酷すぎ、切なすぎ。序盤から涙です😭
(猿の惑星すら直視出来ないヘタレです)

人間の身勝手さ残忍さに振り回されて酷いめにあう犬達。
辛すぎて途中早送りしてしまった。

終盤にかけては人間を襲撃するけど、犬の気持ち分かるわ。
集団で暴れる様も切ない😿

犬達、特に主人公の犬の演技が凄い。
一緒に付いて回っていた小型のワンちゃんが可愛いかったな、でもぉ😢

レビュー書いてる最中も涙が止まらん😭
AM

AMの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

犬が反逆に出て猛然と下剋上する様にとても強いシンパシーを感じました。

私も時にあの群れの中にいる様な。

犬目線と人間目線の行き来。

保健所の映像、生々しいし、でも我々が目を背けているからこそのメッセージだと私は感じました。

牛の解体シーンも同様です。

目を背けたい、
避けたいことに触れさせられると、ハッとさせられますね。

何好きだとか、何派だとか、雑種だブランドもんだとか、本当、相変わらず人間は勝手ですよね…

特に闘犬場は物凄く辛い描写でした…

不本意ながら「♪りとるは〜げん ぜぇあー すりー わん つー♪」って頭の中にリピートされてしまったのは私だけではないはず。

頼むから邪魔しないでくれジミーちゃん…
>|