• Filmarksトップ
  • ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲の感想・レビュー

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(2014年製作の映画)

Fehér Isten/White god

上映日:2015年11月21日

製作国:
  • スウェーデン
  • ドイツ
  • ハンガリー
  • / 上映時間:119分
    監督
    コーネル・ムンドルッツォ
    脚本
    コーネル・ムンドルッツォ
    キャスト
    サンドー・ゾター

    「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2016/01/05
    3.5
    捨てられた犬が、敵意に遭遇し試練に耐えて取り戻す野生の本能。犬軍団を従え人間たちに牙を剥く姿は壮絶。一方で愛犬を捨てられた少女のやさぐれながら知る父の思い。二者の見失った愛情と保護犬という社会問題を悲しき反乱の物語を通して描く。

    気弱だったペットが虐待した人間に立ち向かう反逆が熱く「犬版・猿の惑星」の異名も伊達じゃない。冒頭を始め画的に素晴らしいシーンも多く、テンポが良いわけではないけど犬たちの疾走感による興奮度も高い。これがノーCGとは驚愕。ラストショットに震える。
    ren1115
    ren1115の感想・レビュー
    6時間
    2.7
    犬の感動の物語と思っていたが、
    実際は違う作品で思った以上にグロが強く、ある意味想像以上だった
    だが期待度は越えてこなかった
    駄音
    駄音の感想・レビュー
    6日
    2.3

    このレビューはネタバレを含みます

    ええ...なんだこれ...
    最初は少女と犬の愛情物語かなって思ってたけど途中からゾンビ映画みたいになってるし酷いことしてきた人間に復讐してるのもなんかシュールだし少女も犬に「なんでこんな酷いこと... 」ってその犬がやったってなんでわかるんや!って話...

    あとなに、クラブって...ハンガリーって娯楽ないの?犬がいなくなってぐれちゃったっていうらだけ?

    でもあんだけの犬を訓練して撮影したっていうのはほんとにすごいと思う。
    きぬ
    きぬの感想・レビュー
    2017/03/17
    2.0
    びみょい…
    世界ひろし
    世界ひろしの感想・レビュー
    2017/03/17
    4.0
    犬の演技と、犬の感情を感じさせる撮り方がとても良い。ひたすら犬の演技力に感動してた。

    ラストはあれ?そこで終わり?という感じで、その後はご想像にお任せしますみたいな…
    七沖
    七沖の感想・レビュー
    2017/03/17
    3.4
    犬好きが観たくなる映画だけど、観たら確実に心に傷を負う作品だと思う。
    人間のパートナーともいえる犬達が反旗を翻して襲いかかってくる展開はショッキングだった。
    最後のシーンだけが救い。
    これまで観たことがない圧巻の光景に、ただただPC画面の前で固まってしまった。
    RINA
    RINAの感想・レビュー
    2017/03/04
    2.5

    このレビューはネタバレを含みます

    犬の演技が素晴らしいです。
    コミニュニケーションをとってるシーンなんて今にも喋り出しそうなくらいで表情とか仕草までが良かった。

    犬の反乱って人間の社会全体から見たらちっぽけな反乱でラストシーンのあとあの犬たちはきっと処分されてしまうのでは、、、
    と虚しくなりました。
    tomonohu
    tomonohuの感想・レビュー
    2017/03/02
    3.1
    🚴途中まで「名犬ラッシー」×ヒッチコック「鳥」って感じだったw

    🚴正直すんげーせつねーのなこの映画。あんま人には勧めたくない、、、

    🚴復讐からは何も生まれんってよくテーマになるけど、これが動物的な本能とかも相まってくるとこうも複雑な問題になるのだろうか、、、

    🚴雑種という例えを使って、分かり得ない種や思想が共存している現代社会を象徴した作品。

    🚴せつねーけど共感は、うーん。身勝手な人類という宣伝文句、たしかにそうかもしれないけど人類という一括りで優しさも憎しみもいっしょくたにされちゃうのは辛くてやだな、、、

    🚴あと通行証何回シュッてしてもなかなか反応しなくてアァァァァってなってるシーンは、あるあるってわろたw
    だいのしん
    だいのしんの感想・レビュー
    2017/03/01
    3.5
    プロットはヒッチコックの〈鳥〉でもあり〈猿の惑星〉でもあり〈新造人間キャシャーン〉でもあるw。出てくる大人たちがまぁクズばかりでワンちゃんたちには受難の時代。悪法と言われた徳川綱吉の生類憐れみの令、ここでこそ出番だったのではないだろうか。

    カンヌが打ちのめされたCGなしでの250頭もの犬たちの反乱暴走シーン、スペインの牛追い祭りを思わせる迫力でここを見るだけでも価値はあると思う。犬(ハーゲン)と引き離された後の少女リリの行動や心情が雑に描かれているのが実に惜しい。
    >|