ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲の作品情報・感想・評価

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲2014年製作の映画)

Fehér Isten/White god

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:119分

3.3

あらすじ

多感な少女リリは13歳にして自分を取り巻く世界に疑問を抱いていた。両親は離婚し、学校で所属するオーケストラでは問題児扱いされている。 どこにも居場所がないリリの心のよりどころは賢くて素直な飼い犬のハーゲンだけだった。 そんなある日、リリは数日間、折り合いの悪い父親のもとに預けられることになった。久々に対面したこの日も、 父親はアパートに連れ込んだハーゲンのことが煩わしくてしょうがない。最近、こ…

多感な少女リリは13歳にして自分を取り巻く世界に疑問を抱いていた。両親は離婚し、学校で所属するオーケストラでは問題児扱いされている。 どこにも居場所がないリリの心のよりどころは賢くて素直な飼い犬のハーゲンだけだった。 そんなある日、リリは数日間、折り合いの悪い父親のもとに預けられることになった。久々に対面したこの日も、 父親はアパートに連れ込んだハーゲンのことが煩わしくてしょうがない。最近、この国では雑種犬の飼い主に重い税を課す新たな法律が施行されていた。 当局からの税金の催促と、リリの反抗的な態度に怒った父親は、高架下にハーゲンを置き去りにしてしまう。 「必ず迎えに来るから!」と涙するリリ。これが少女と犬の長く壮絶な受難の日々の始まりだった。 リリはいっそう孤立感に打ちひしがれ、必死にハーゲンを捜し続けていた。途方に暮れて犬の保護施設をも訪れるが見つけられない。 ハーゲンは執拗な野犬狩りを行う当局に追われ迷い込んだ路地でホームレスに拾われ、野犬ブローカーに売り飛ばされてしまう。 安全な場所で穏やかに育ってきたハーゲンにとって、行く手に広がるのは恐ろしいほど無秩序な世界だった。 流浪の果てに裏社会の闘犬場へと駆り出され、獰猛な野生に目覚める。 やがてハーゲンは、虐げられてきた犬の群れを率いて人類への反乱を引き起こすのだった……。

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に投稿された感想・評価

捨てられた犬が、敵意に遭遇し試練に耐えて取り戻す野生の本能。犬軍団を従え人間たちに牙を剥く姿は壮絶。一方で愛犬を捨てられた少女のやさぐれながら知る父の思い。二者の見失った愛情と保護犬という社会問題を悲しき反乱の物語を通して描く。

気弱だったペットが虐待した人間に立ち向かう反逆が熱く「犬版・猿の惑星」の異名も伊達じゃない。冒頭を始め画的に素晴らしいシーンも多く、テンポが良いわけではないけど犬たちの疾走感による興奮度も高い。これがノーCGとは驚愕。ラストショットに震える。
McQ

McQの感想・評価

3.8
犬たちの人間に対する怒りや叫びをぶちまけた復讐劇。

こんな犬の姿見たくない!
という声がとても多い本作ですが、、

確かに胸にグサグサ突き刺さるものがあります。

でも個人的には、人間に苦しめられた動物たちのメッセージとして受け止めたいと思います。

そう考えると目を背けるわけにはいきません(ToT)

この犬たちを凶暴化させたのも、また人間。

身勝手で捨てられた動物たちは拾い手が無ければ殺されてしまう運命であって、助かる方法はただ一つ、、

動物ってかわいそうだなってどこかで思っても、結局どうこう出来る問題でもないし、、と、見て見ぬ振りがほとんどだと思います。
自分も含めて、、

この作品はそんなダークゾーンを思い切りぶちまけたとてもパワフルな作品だと思います。

救いとして描かれるのは1人の少女です。

暴動を静めるには何が必要なのか、、

割とサラッとした形で終わってしまうので、ちょっと物足りなさは感じますが、自分にとっては記憶にずっと残る作品になっています。
うさこ

うさこの感想・評価

3.3
犬の復讐劇。雑種だって良いじゃない!犬は犬でしょ!
CGを使ってないって言う犬の走行シーンはすごかった。実際あんな風に集団で走ってこられたら怖いんだろうな。
u

uの感想・評価

-
良かったと思えなかった。テーマはすごく良くわかる。痛いほど分かるけれど、観ていて辛いものがあった。監督は犬が決して嫌いではないが、好きではないのかな…と思ってしまうような場面がちょくちょく。
スーパー101匹わんちゃん。
s

sの感想・評価

2.9
記録
玉露

玉露の感想・評価

3.3
犬映画
どうやって撮影したんだろう
grimmgrimm

grimmgrimmの感想・評価

4.0
新作「犬の惑星」かと思った。犬好きには堪らない作品かもしれない。胸が張り裂けそうになるかもしれない。でもきっと爽快な気持ちにも襲われるに違いない。

スラヴ語系でロシア語でもチェコ語でもない、どこの言葉かなと思ったら制作国の一つがハンガリーだった。犬の名前がドイツ名だ(どこの国とは設定されてるわけではないけど)。

犬ものは反則だね。フランダースの犬といい、太郎次郎に、ハチ公と来る。可哀想過ぎて頼むからやめてくれぇというものが多すぎる。ベンジーっていうのもあった(「ディディエ」はイヌ映画?)。チェコ映画・作品にもよく出て来る。存在の耐えられない軽さのカレーニンとか・・・ ダークブルーのバウチャー、アニメのボルトやマックスにデュークetcetcetc... どうでもいいけど。

とにかく犬が必死に走り回る映画に純粋に泣きたい人はどうぞ。

個人的には好きな作品になりました。犬の視点を意識するせいか、映像(の視点)が新鮮。
犬もこれだけ大量に、しかも一目散にダッシュする姿は恐ろしいけど壮観でした。
確かに少女と犬の愛の物語かもしれないけど、わたしこれすごく怖かったよ…命ある動物たち、人間の都合で虐げられた犬たちを甘くみてはいけません、と思いましたよ…あーこわい。
>|