ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲の作品情報・感想・評価

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に投稿された感想・評価

自転車で走る少女の後ろの路地から数百匹の犬が次々に肉球コーナリングかまして走ってくるOP🏎志村けんが大勢に追い掛けられるコントを思い出しましたがホラーのクライマックスみたいなオーケストラが流れてるので慌てて振り払う

人間の都合で捨てられ、闘犬にされ殺処分寸前にまでなった主人公犬が他の犬たちを引き連れ反旗を翻す!って事で、各シーンを物言わぬ犬視点で描き「お前らがやってるのはこういう事だぞ」と訴えています。

みるみる凶暴になっていくハーゲン君の顔の変容には、良き友になるのも敵になるのも人間次第というメッセージが表れてる。知ってる様で目を背けていた施設の内部や悲惨な虐待シーンもあり、犬かわいいってゆるい気持ちで観ると後悔しそうです

撮影はスマホか?ぐらいのブレブレカメラ。制御の難しい犬ならまだしも、座った人間同士の会話まで揺れる揺れる…。内容も画面も辛い映画でした










人間ナイズドされた犬の行動、CGを使わず危険な事をさせたり厳しい訓練が想像される演技の数々、犬視点に徹せず少女視点もガッツリ挟むなどこの作品自体が御都合じゃんと思いましたが少し考え直した

タイトルのGODはどうやら人間のことを指してる様で。少女との心のキズナ…なんて甘っちょろい話ではなく、愛をもってきちんと管理するのが「神」たる我々の責任なのだって尊大かつシビアな帰結なんだと思った。各所の微ファンタジーも神サマなら仕方ない😇

そこまで見せなくても!ってぐらい精肉の行程を詳細に描写するシーンとか、その工場に自分の脚で歩かされる牛の姿を映してたのも、作り手の「綺麗事を喚くだけじゃ済まないままならなさ」なんだと勝手に理解しました

この女の子絶対美人になるよね。もはやチートです
まーの

まーのの感想・評価

3.3
犬達が人間に復讐するまで見てるの辛かった…。
ラストシーンの後、犬達はどうなったんだろう…
nico

nicoの感想・評価

-
記録!
sasami

sasamiの感想・評価

3.5
捨てられた飼い犬が保健所の捨て犬を大勢引き連れて人間に復讐に来る話。
闇堕ちしたハーゲン(主人公犬)の表情は人間の演者の誰よりも上手い。
CGなしのワンちゃんたちの演技は凄いと思うけど、リアルなところとファンタジーなところの差が気になってか今ひとつ入り込めなかった……。
D

Dの感想・評価

-
人類が行っている世界共通の不当行為に目を向けさせるコンセプト!約250匹の犬が全力疾走するCGなしの圧倒的な映像美!はなればなれにされた少女と犬が共に荒んでいく入念な描写!
カンヌ国際映画祭パルムドッグ賞は伊達ではない、センセーショナルを巻き起こした問題作に刮目せよ!雑種犬の飼い主に重税だと?そんな国は滅びてしまえばいい!!!
にこ

にこの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

犬に対して酷い扱いをしてきた人間どもに復讐みたいなことするんですが、強気になったワンコ達が次々と人間のこと殺しちゃうので結果、犬がけっこうな悪役になるのが納得いかない!
後半のわんちゃんみんな怒り狂っててバイオハザードの犬みたいな顔だし、怖い。
しかも犬系はハッピーエンドになると思い込んで観ていたので終わった後、全然サッパリしない。
最後くらい犬らしい愛くるしい終わり方して欲しかった。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.2
犬の演技がすごい!
犬が島っぽい作品ではなかった。でも犬が島を実写するとこのような感じになるのかな?ストーリーはさておき。

T
13歳のリリーは母親の出張のため、別居している父親の家に3ヶ月間愛犬ハーゲンと共に預けられることとなる。しかし父親は愛犬を疎ましく思っていた。犬を家で飼うと税金が課されるため、保護施設に預けるか捨てようと親子喧嘩をしてしまい、結局捨てられてしまう。
拾い主らによって虐げられ野獣化してしまったハーゲンたちは群れをなし人間たちに牙を向け襲いかかる。アクションドラマ。

あらすじ読んで超絶面白そうだとピンッときた作品です。

愛犬ハーゲンの演技力がすごくて、人間並みに、いや、人間顔負けの表情変化させていて驚きました😱❕
交響曲と犬たちのハーモニーが絶妙だった。
犬250匹が群れをなし暴れるシーンは未曾有の圧巻映像となってます。
これ犬250匹の仕付け&指揮を取るの相当大変だったと思いますよ。
犬は飼い主次第で、野獣にもなる。人間の場合だと非行少年・非行少女になる。
動物でも人間でも、愛を持って育てないと恐ろしいことになるってことなんだろうな。
nmoon

nmoonの感想・評価

2.0
ウェスアンダーソンの犬が島的内容なのかと思い観ていたのだけど…
とにかく、雑種犬に対する大人達の態度が酷い。
犬にも感情がある訳で、その感情や一つの命を無視した接し方があまりに残酷に描かれていて、中盤辺りでリタイアしてしまいました。
今まで観てきた映画の中で、トラウマ映画ナンバーワンになったほどです…


制作国の一つに、動物愛護先進国のスウェーデンが入っており、強いメッセージ性を感じます。

このお話の主人公の少女はそうではないけれど、家族として迎えた生き物を飽きたからと言って捨ててしまう話を耳にします。
世の中にそういった不幸な動物がなくなるよう強く望みます。


https://amp.natalie.mu/eiga/news/166255
>|