OWeeeeN

恋人たちのOWeeeeNのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
4.3
最後の最後までとにかく苦しかった。コンクリートを叩いて反応を確かめる男の叫び、脇毛が生える中年女の一世一代の旅立ち、世間に煙たがられるゲイの弁護士と思い出の万年筆、3人に様々な橋を渡す人たち。

誰一人共感とかできるような人は現れないものの、自分にしか分かり得ない痛みが時として誰かとの繋がりの中で解放される瞬間を知っているからか、しっとりとした感動を味わえました。安藤玉恵みたいな孤島とも繋がれる世間は厳しいけど面白いね。

「ぐるりのこと」とはどうしても比べられないものの、こういう作家性のある人が出て来ればいいですね。
新宿テアトルで飲んだ青空ジンジャエールと、帰り道で聴いた石崎ひゅーいが妙にセンチな気持ちにさせてくれました。