きぬきぬ

恋人たちのきぬきぬのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
4.2
本当にきつい。大切な人を失い悲しみ、無力さを嘆き、日々の生活に不満を募らせ、幸せの在り処を見失い、孤独を抱えている皆、不器用で哀しい。登場人物たちに感情移入出来なくとも、自分の持つ傷みの記憶を思い起こさせられて苦しくなる。絶望しても、死ぬことも諦めることも忘れることも出来ず、それまでが無駄な時間だと思いたくないから、どんなに傷つくことが多くても生きて行かないとなっと思った。いつか青い空を見て自然に心から笑うことも出来るだろうから。本当の思いやりや優しさに触れることがあるから。不器用に見える程あからさまに表現されてしまった140分の長尺はあっという間に過ぎ去り、エンドロ-ルの明星の曲で心の揺り返しが来てさらに号泣してしまった。