茅

恋人たちの茅のネタバレレビュー・内容・結末

恋人たち(2015年製作の映画)
3.6

このレビューはネタバレを含みます

独白で自己解決してしまう展開は少し引っかかった。
ただ、それらは完全なる独白ではなく、それぞれ「亡き人」「聞いてない人」「切れた電話」という「不在」への告白とも考えられる。そして、ラストシーンで斜め横からアツシを撮っていたカメラが、ほぼ同ポジの違和感を無視して正面に回り込み、それが「青空」としてバシッと指差された瞬間、「不在」は「未来」の二文字に置換され、それはつまり指差されている観客のことだったのだ、と思った。そうすれば、いきなりググッと寄ったあの「意志を持ったカメラ」も納得できる。

屁理屈かもしれないし、よくわからん部分も大きかったが、総じて好きな映画でした。