Hondaカット

恋人たちのHondaカットのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
4.0
80点。橋口監督の久しぶりの新作。ほぼ無名の主演3人を使い、なんと豊かで深い映画を撮るのかと感心してしまう。現代の隅っこで生きる、ちょっと人よりもつらい境遇におかれているがごくごく普通の凡人3人を追っていく本作。

観ていて辛い部分も多く、皆に勧められる作品ではない。だけど、芝居中は音楽も無く淡々と進んでいくドラマに、最後まで目が離せなかった。最後の【ただの普通のいつもの青空】が、本当に綺麗に見えた。

とりたて主婦のエピソードが、話の痛々しさに加え、(こう言ってはなんだけど)綺麗や可愛いや若い、とは真逆の女優さんのルックスをアップで見続ける辛さがある。勿論それによるリアルさは凄かったのだけど、ちょっと観てられないくらいというか…。【フィクションである】というライン、また、自分が映画で観たいものは一体何なんだろうというのを考えさせられた。

ちょっとだけ映画好きなんだって人には全く薦めないけど、映画ファンには大プッシュしたい作品です。