小川気球

恋人たちの小川気球のレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
4.5
図太い核心を突いた、今の日本の映画

ただただ現実。本当にカメラもなく彼ら彼女たちは存在して、生活しているような。言葉にしようもない無力感に包まれて、それでいて前向き。
胸をグッと叩いたあと、そっと背中を押してくれるような映画でした。観てよかった。

これ言う?言っていいの?って日常の台詞や、生活感100%の部屋。こんなの映画にできるんだって感動するほど、飾り気がない。
今やってほしい今の邦画。すごかった。